2018年07月31日

沖縄視察 社民党県議のみなさんと交流


沖縄県議会議長をはじめ、社民党は与党。
辺野古の話、普天間基地の話など、一時間ほど場を意見交換した。

とくに、普天間第二小学校では、米軍ヘリが学校上空を飛ぶたびに避難している話。
体育の授業を再開したいという保護者への説明会へは、
防衛省も米軍もいなくて、保護者の不満は、宜野湾市や市教育委員会へと互いに被害者なのにという
状況だったそうで、
今後の運用のマニュアルについて説明があって、
米軍ヘリが、学校に向くそぶりをみせたら、避難することになったという。
この小学校、場周経路の真下にあるから、どの機種の乗り物もここをとおる。
結局、どのくらいかというと、200回の避難指示を実施したという。

もうひとつの話題はこれ。
高江への派遣、報告書作らず 千葉県警
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-768957.html
千葉県議の藤代さんも議会の委員会でよく質問するそうで、いろいろ説明された。

派遣は、千葉県警本部長が指示したけれど、復命書を書いていない。
すると、沖縄県議は、
「たしかに大阪府警はみたことがある。そういえば千葉はない。」
「公文書管理から言っても、おかしい。報告書もなく、派遣をしていた。
我々、議員が政務活動費でこれをやったら、アウトだ。どこへ行ったか、記録もなくて、交通費支給なんて、ありえないからね。どうして県警はいいのか」
千葉県議たちは、
「熊本、福島にいったときは、復命書がある。かかった費用もあとから必ず県議にある。でも、沖縄だけはないんですよ」
私は、おー。そんなこともあるのかとただただやりとりを聞いていた。
IMG_3207.JPG


IMG_3209.JPG


posted by のんのん at 23:44| 活動