2019年02月20日

ちょっとビフォ− アフター


歩道のでこぼこ、なんとかならないか。
80歳を超えた独り暮らしの方、バスアンケートの際に、いただいた声。
荷物を持つのが重いから、カートをひいて歩くが、歩道がでこぼこで、しかたなく、車道を歩くという。
私も歩いてみた。確かにしっかり下をみて歩かないと私もこけそうだった。
さっそく写真を撮って、市役所へ。昨年末のこと。
もっとひどいところかあれば、そちらが優先でしょうが、ここも、一度、パトロールついでにみにきてもらえませんか。と伝えておいた。
それが今週、補修されていた。
そのビフォ− アフター をごらんください。
なんということでしょうまではいかないまでも、根上がり部分は補修してもらえました。
20181216_095702.jpg


20181216_095715.jpg


20181216_095720.jpg


20181216_095729.jpg

ほらね
20190220_130908.jpg


もうひとつ
これ、市へも届けてあるが、市議も知っていてほしいと住民から写真とメールをもらっていた。
歩くのに、危険だ。なんとかけがをしないうちに、対策をと。
無題.png

ここもほら、このとおり。
20190220_130727.jpg

すると、さっそく、
「危険な状態から事故を未然に防ぐ対応に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。」とその方からメールがあった。
私は、単に進捗状況を確認しただけだ。

来年度の事業で、アプリで道路などの危険個所の写真を撮って送るシステムができる。
たくさん、届いて対応大変だろうなと思いつつ、「危険な状態から事故を未然に防ぐ対応」という視点から重要だ。災害時のけがの対応がトリアージで、優先度を決めるように、
市民からの危険個所の写真もトリアージの進捗状況が、市民もわかるといいなと思ったのでした。
posted by のんのん at 21:34| 地域のこと