2019年05月17日

5.16研修  福島県漁連会長から聞いた福島の取り組み


福島県漁業協同組合連合会会長 野崎哲さんから「福島県における漁業の現状と復興に向けた取組」のお話を伺った。
子ども食堂に、相馬双葉漁協から試験操業の魚が届き、いただいたことを伝えました。(タブレットの写真)
野崎さん、風邪を引いててしんどそうでしたが、なんと東京への陳情活動の帰りにきてくれたとのこと。ありがとうございました。

震災1年後から試験操業を始め、8年間続けてきた。
@福島県のモニタリング調査
一魚種1検体以上検査体制。

A福島漁連の基準は、国の基準の半分
国の基準が100ベクレル/kgのところ、50ベクレル/kgにした。50ベクレルを超えたら流通させない
相馬双葉漁協 いわき市漁協 小名浜底曳漁協 中之作漁協 江名漁協 県旋網漁協 では、水揚げ日毎各市場でシンチレーション式の放射線測定器で自主検査
25ベクレル/kgを超えた場合は、県のゲルマニウムの検査機器で精密検査を行う

これまでに、25ベクレル/kgを超えたのは、2回だけ。水際で出荷を止めることができた。
計3段階の検査体制で、科学的に測定し、安全を確認し、安心して出荷している。

漁場は順次拡大している。
原発半径10km以内を除く福島県全域
底引き網は、出荷できない漁獲類の混獲を防ぐため、水深75mより深い海域に限定。

港湾内の刺し網30箇所をしている理由
まだ4ベクレルほどセシウムがある。
そこに生息すれば、ベクレルも蓄積する。ここでは漁業はできない。
しかし、港湾内を駆除したいし、はいってこないように刺し網をしているが、生き物だから完璧とはいえない。

サブドレンの基準 もきめた。それ以上は、陸上保管してくれ。
魚市場で、検査をいつはずすことができるか、他県の魚市場でやっていない検査体制だ。
一魚種一検体以上測っているのは、福島県だけ。

コツコツとできることを最大限やってきた姿。
「矛盾はある。矛盾を受け止めて生きる」
すべて原発事故のせいだが、廃炉に向けて進めていく。
その過程の中で、この海がすきで、漁業を続けていく。

なんだか、そんな話をきくと、今度こども食堂にお魚が相馬から送られてくるのはいつだろうとおもった。
DSCPDC_0001_BURST20190516171612288_COVER.JPG



posted by のんのん at 00:08| 原発・放射能