2019年05月17日

2019年も行ってきた。広野町・富岡町・楢葉町・大熊町


今日は、バスで大熊町の町議会議員木幡(こはた)ますみさんに案内してもらった。
このコース、いつものところに加え、
東京電力廃炉資料館、大熊町新庁舎もと盛りだくさん。
震災から時間が経過し、復興の進捗状況を肌で感じた。
時折、以前の風景も織り交ぜ、写真での報告とする。
なお、線量の測定器の値は、その時間、その場所の値であり、
地域一帯がその値ではなく、測った場所がそうだったと理解してほしい。
感想としては、除染をしていたところは、事故前と同じくらいに下がっているところもあれば、
バスの中でさえ、福島県以外の除染基準0.23マイクロシーベルト/hを超える値もあった。
(福島県の基準は、20ミリシーベルト/年)
(福島県以外の基準は、1ミリシーベルト/年 =0.23マイクロシーベルト/h)

いわき市湯本を出発 車内 0.039マイクロシーベルト/h
IMG_3887.jpg


広野町役場 車内0.051マイクロシーベルト/h  
IMG_3890.JPG


道の駅ならは 車内0.092マイクロシーベルト/h
IMG_3891.JPG


田植えも終わっていた。以前あちこちに見受けられた
除染した土の入っているフレコンパックは、なかった。
IMG_3894.JPG


楢葉町天神岬展望台からの景色 ガスってた。
IMG_3899.JPG
IMG_3900.JPG
IMG_3901.JPG


ほら、わかりますか。火力発電所の煙突が雲からニョキっと。
IMG_3907.jpg


ここで、いつも、マイクロスポットがあり、毎年測定。
IMG_3903.JPG

IMG_3906.JPG

今年も例年同様、毎年変化がなく、0.676マイクロシーベルト/h
ここから2歩歩けば、急激に下がる。ここは雨水がたまる少しへこんだ場所なんです。

ここはエコテック。
トラックがどんどん入ってはでていく。
IMG_3910.JPG

入口は楢葉町。処分場は富岡町。
DSC_0129.JPG

DSC_0130.JPG


DSC_0131.JPG


DSC_0133.JPG


さて、これは、2013.4.26のブログより
IMG_6799.JPG
先月末、宿泊しないなら立ち入り可能になった富岡駅前。ただし、年齢制限があり
子どもは入れない地域。
坂を下り、駅に近づき、バスを降りようとしたとき、
海のそばだからのよう。バスの中、0.3μシーベルト/h 
測定器の値は、急に下がった。
舗装されたところ50cmでは
IMG_6801.JPG
でも、芝のところでは測定器は鳴り響いていた。
長居はせずに、バスに乗り込む。
IMG_6806.JPG
人気がなく、時が止まったままの富岡町の商店街をバスは走る。


今でも、目に見えない放射線量という未知のものに対する緊張感が伝わってくる。
今日は、三鷹市議の野村さんと、のどかに記念写真。
DSC_0001_BURST20190517094707566.JPG


DSC_0134.JPG

バスも走り、道路も整備され、陸橋も整備されつつあった。
もちろん、富岡駅の海側にあった廃棄物処理施設もお役目終了で撤去されていた。

夜ノ森の桜並木は、道路の片側は未だ帰宅困難区域
それが右だったり、左だったり。地域の実情ではな、住所で区切ったという。
IMG_3949.JPG


IMG_3953.JPG

双葉教育会館
IMG_3956.JPG


東京電力廃炉資料館も立ち寄りました。

IMG_3935.JPG

IMG_3930.JPG

IMG_3928.JPG


ここでのびっくり。バスを降りようと思ったら、線量が…。
震災前からの駐車場に敷き詰めた路盤材
IMG_3940.JPG


IMG_3936.JPG


IMG_3939.JPG

0.644マイクロシーベルト/h
あらあら、この数値、福島県以外なら、除染対象の0.23マイクロシーベルト/hを超えてる。
測ってみないと、わからない。まだ、こんな状況のところもある。下がるのを、時を待つしかない。
国が福島県も他の県同様の基準にしようものなら、また、避難しなくてはならない。
矛盾。
国は、福島県だけ、緩い基準のままで、線量が依然より下がったといって
帰宅でき、居住できる。だから、避難に関する住居の支援は打ち切るなどと
非常なことを強いている。

さて、大熊町の新庁舎ができた。安倍総理もきたという。
DSC_0137.JPG


DSC_0136.JPG


DSC_0140.JPG

震災後をイメージしながら、現在を視察した。
posted by のんのん at 23:56| 原発・放射能