2019年06月07日

国民の生命と財産を守るのは、だれ?


さて、だれでしょ。
国民の生命と財産を守るのは、だれ?
➀ 警察  ⓶ 自衛隊

では、法律をみてみよう。
警察法【警察の責務】
警察は、個人の生命、身体及び財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持に当ることをもつてその責務とする。

自衛隊法【自衛隊の任務】
第3条 自衛隊は、我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たるものとする。

つまり、私たち、国民一人一人を守ってくれるのは、警察です。

自衛隊が災害派遣で助けてくれるのは、なんでだろう。
オスプレイだって、災害救助にもなんて、一時期言ってたけれど。
もう少し調べてみました。

自衛隊法【災害派遣】
第83条 都道府県知事その他政令で定める者は、天災地変その他の災害に際して、人命又は財産の保護のため必要があると認める場合には、部隊等の派遣を防衛大臣又はその指定する者に要請することができる。

なるほど。助けにきてと都道府県知事その他政令で定める者が必要だと思ったら、防衛大臣又はその指定する者に要請した場合ですね。

posted by のんのん at 16:11| 防衛関連