2019年06月08日

75歳の壁


昨日の話。関西弁のスタッフとの会話。
ときどき、ブログに登場するKさん。
私、チコちゃん風に聴いてみた。

私「ねえねえ、75歳になったら、後期高齢者医療の保険証になったでしょ」
K「そうやねん」
私「それまで国民健康保険だったでしょ」
K「そやそや」
私「国民健康保険税より、後期高齢者医療になったら保険料が、安くなったでしょ」
K「そうそう。安くなったわ」うれしそうに話す。
私「なんで安くなったの?」
K「え?なんでやろ。…国がはろうてくれてるんかなー。私、1割だけはろとるんよ」
ここでチコちゃんなら言うセリフは、私、いいませんでしたよ。
私「それはねー。国・県・市が5割負担してるの。
 じゃぁ、聴くけど、あとの4割はだれが負担してると思う?」
K「えー?だれやろ」
私「75歳未満の人は、社会保険とか国民健康保険などでしょ。その人たちみんなの保険料にプラスされてるの。」
Kさんは、一瞬顔色が変わる。とても驚いて
K「あらー。そんなん?知らなんだわー。長生きさせてもろうてるんやね。保険料もみんなに支えてもらってるやなんて。感謝せなあかんなー。知らんかったわー。教えてもろうて、よかったわ」

Kさんのこのストレートな反応は、いつも私を元気にさせてくれる。
どんなことを伝えようか。
どうやったら、わかりやすく伝えることができるか、まず、Kさんに話すことで、私は、伝える練習になる。

図にすると
6.8 1.png


国民健康保険税から、後期高齢者医療制度に移行する75歳は、それぞれの支払い方がややこしくて、
6月議会で質問する。ちょうど、調べていたことを話題にしたのだった。

国民健康保険税は、世帯主に家族分の国民健康保険税の納付通知書が届く。
ところが、後期高齢者医療の保険料は、個人宛てに届く。
6.8 2.png

ほらね。ややこしくなってきたでしょ。

75歳になる人は、これからまだふえるの。
6.8 3.png


世帯主が75歳になったら、
世帯主は、75歳未満で、家族に75歳になった人がいたら
支払いの納付通知書は、だれに届くんだろう。
6.8 4.png

ややこしいです。
だから、6月議会で質問します。
75歳の壁 市民にわかりやすい行政サービス

質問に使う資料は、これ
https://tanaka-noriko.sakura.ne.jp/2019%e5%b9%b46%e6%9c%88%e5%b8%82%e8%ad%b0%e4%bc%9a/
posted by のんのん at 23:26| 医療・介護