2019年11月18日

12月議会質問、通告してきました。やっぱりもりだくさん


1.防災のこと
2.オスプレイのこと
3.市役所の非正規職員の処遇のこと

昨夜の時点では、2つのテーマにしておこうと
思ってたけれど、やっぱり、3つになっちゃいました。

さて、質問日は、正式に決まるのは、
明後日の議会運営委員会でだけれど、
くじびきの段階で、わかるのは
12月4日の午後 時間はまた、決定後にお知らせしますね。


質問の目次を読んでいくだけで、質問のイメージが
わかってもらえたらと、タイトル付けに駆使してます。
どうでしょ。

台風15号、台風19号、記録的大雨の経験から検証
(1) 「木更津市地域防災計画」から検証する

  @ 自主避難所の運営はだれが行うか
  A 災害対策本部開設の判断はいつか 
  B 災害対策本部開設後の市政協力員
  C 災害対策本部開設後の民生委員は
  D 災害対策本部開設後の自主防災は

(2) 台風15号の経験を活かしその後の対応
  @ 市内の被災状況集約をふりかえる
  A 避難行動要支援者名簿で安否確認
  B 記録的大雨の時に内水氾濫した所
  C 記録的大雨の時に冠水した道路は
  D 矢那川「極楽橋」の観測所が故障

(3) 高潮ハザードマップの周知と防災計画を
  @ 昨年11月に県作成の高潮浸水深
  A 避難所の収容受入数を超えた場合
  B 浸水深の想定箇所にPCB廃棄物

(4) 災害対策本部と地域がつながる体制とは
  @ 避難所に掲示板、情報収集・発信
  A ほとんどが教育施設である避難所



オスプレイの安全性を問う
(1)飛行中動力装置のみが停止した場合

  @ 危険を及ぼすことなく着陸できる高度



来年度、会計年度任用職員制度に移行で、処遇はどう変わるか
(1) 官製ワーキングプアといわれた働き方

  @ 木更津市の職員の何割が非正規雇用か

(2) 会計年度任用職員制度へ移行時の課題
  @ 希望者全員が新制度に移行できるのか
  A 今年度末に残った有給休暇の取り扱い
  B 制度移行に該当する職員への周知説明
  C 大規模災害時の勤務体制はどのように
  D 2年目以降継続勤務の採用判定はだれ

(3) 働き方改革からみたら真に処遇改善か
  @ 年次有給休暇の他に病気休暇はあるか  
  A 経験年数加算実施で正規職員との違い  
  B 会計年度任用職員は職員の定数管理外  
  C 保育園の民営化に向け職員の定数管理

(4) 処遇改善なるか市立保育園での働き方
  @ 保育士欠員カバーの派遣職員の現状は
  A 保育園のフルタイム臨時的任用職員は
  B 保育園のパートタイム臨時的任用職員
  C 臨時的任用職員・一般職非常勤職員は 

文字数もそろえて、みました。気づきました?

今回は、14人が質問します。なんだか、以前の議会では、
17.8人は質問していたのにと思うと少ないかなー。
posted by のんのん at 19:49| 議員・議会