2019年11月30日

お米のこと、レクチャしてもらいました


今日は、「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会in木更津」に行ってきました。
DSC_1447.JPG

ずらりと、食味分析された米。
米作りもしている斎藤議員と石井議員も出品。
DSC_1463-1.jpg


石井議員に、米のこと、レクチャしてもらいました。
栽培方法もこんなにあるんですね。
JAS 
JAS転換中
特別栽培米
水田環境特A
エコ認証米
早場米
大型農業法人
慣行(普通)


作付け面積は、20haを超えるかどうか

流通は、販用米か自家用か

分析結果はスコアをみるんです。
水分   ●%
タンパク ●%
アミロース●%
脂肪酸度 ●%
スコア  ●


スコアが高いと、一次予選通過、食味検査です。

そうなんだー。いろいろスコアを見比べる。
DSC_1464.JPG

あっ、高柳小学校があったー。
スコア 81だって。

会場には、農機具も展示してました。
DSC_1455.JPG

これは、草取り機。

以前、生活クラブの仲間でお米作りに参加させてもらい、君津の田んぼで、夏の暑いとき、
朝早く、まだ子どもが起きる前に、草取りにでかけた。一時間もしないのだが、くたくた。
ずっと、お辞儀をした格好で草を水の中に埋め込むので。

生活クラブで、旭市の米作りで、草取りにでかけたこともある。
食べるだけでなく、作ることにもかかわろうという趣旨。草は、米より背高のっぽ。引っこ抜いた。

所によって、草が違うが、この機械は、稲の間をかき混ぜながら、埋めていくらしい。
一反を20分で草取りしますって、でも、いいお値段。
団体で共同購入したり、補助金をもらったりしてだそう。
大きな田んぼをいくつももっていたら、やりくりできそうかもしれないけれど、
とにかく、機械化。

DSC_1448.JPG


田んぼの水管理も、スマホやパソコンでですって。
DSC_1449.JPG


除草剤という言葉に、敏感なのは、昨日の学習会のせいだ。
DSC_1451.JPG

土を耕しているかとおもったら、耕しながら、除草剤も土の中に。

ドローンで除草
DSC_1452.JPG


なんか、ほっとしたのは、これ。
DSC_1453.JPG

産業廃棄物になるもみ殻を炭にして、田んぼに戻す。
なんかいいよね。

お米を出品したみなさん、自家採取をしている方は、どのくらいおられるのだろう。
種子法廃止で、自家採取した種で、栽培し収穫したものを販売すると、罰せられるというし、
種を毎回買ってるから大丈夫かというと、種の保存を公設でおこなわなくなるから、民間に頼る。
民間は価格設定をリーズナブルにはしないだろう。

すると、消費者は、かなり高いコストのかかった米を食べることになる。

posted by のんのん at 23:26|