2020年02月03日

空が騒がしい @羽田空港 Aヘリコプター Bオスプレイ


ここのところ、急に、羽田空港の新飛行ルートのことがニュースになってますね。
北風の時は、木更津上空を通って着陸ですが、
南風の時は、東京の高層ビルを横切るようになります。
昨年末12月17日に、反対集会が東京で行われるので、
参加してきたことはブログにまとめています。
こちらからどうぞ。
http://tanaka-noriko.sblo.jp/article/186930106.html

別件、こんなニュースもありました。
福島民報 2020.2.3
不時着直前に部品落下か 現場から数百メートルに複数 県警ヘリ事故
https://www.minpo.jp/news/moredetail/2020020372363

こちらは、ヘリがゆっくり3回くらい旋回した後、傾いて頭から落ちていく映像があるニュース
2020.2.1朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/ASN2134HQN21UGTB001.html

このヘリコプターは、
すべてのエンジンが止まって、落ちていく速度が比較的ゆっくりである。

さて、オスプレイの場合は、どうか。
12月議会に調べて質問の中に盛り込んだ。
オスプレイ.png


オスプレイのオートローテーションの手順です。木更津市からの質問に対して防衛省の回答にも掲載していた図です。シュミレーターによるオートローテーション訓練視察し、その機能をもっていることを確認したと説明しています。

普天間基地に、米海兵隊オスプレイを配備する際の防衛省の資料では、そのシュミレーション訓練結果が書かれていたので、
資料3-Bにまとめました。
高度約610m、時速約220km オスプレイは、2つのエンジンの出力を停止し、降下率は毎秒25mで降下を始めます。
着地点に向けて毎秒20mで降下。
高度305mになると、毎秒10mから5mに
高度152mになると、毎秒3.6mから2.5mと減速して降下。
着地の時には、時速130kmで2.3回バウンドして着地。
このようにオスプレイの場合、他の回転翼機と比較すれば、降下するスピードが速く、機体損傷の可能性は排除されないものの、オートローテーション機能は有しているというのです。
オスプレイ1.png

オスプレイは、ヘリコプターのような不時着はしない。
着地の時には、時速130kmで2.3回バウンドして着地。
そんなオスプレイを飛ばしていいのか。
防衛省は、国土交通省に申請する。
さて、国土交通省は、どうするのか。

posted by のんのん at 21:32| オスプレイ