2020年03月05日

市民の代弁者、市民ネットワークの田中のりこです。今回の質問は3つ。…明日の質問に備え、最終チェック


明日3/6 11時から田中の質問です。
傍聴者は、さすがに少ないと思うのですが、
資料を印刷しました。
議員も職員もタブレットなので、印刷しなくてもいいので
すこしは楽。
資料は、何枚もあるけれど、ちょこっと紹介。
オスプレイ暫定配備までに明確にすることを今回、質問する。
防衛省は、航空法に基づいた飛行をするという。
ほんとに基づくのか。確認する。

まず、これ。
暫定配備のオスプレイは、アメリカからどうやって日本にくるのか。
2020.3.5.png

空から、海から、陸から来るのだろうか。

製造された航空機が自衛隊に納入される前は、自衛隊機とはみなされない。この際の許
可の判断基準

国土交通省の見解はこれ。
2020.3.5-1.png


ちょっと待てよ。これは、国産航空機と書いてある。
外国産航空機だと、この法律には、当てはまらない。
外国産航空機だと、日本の航空法に基づなくても、飛行ができる。
陸上自衛隊のオスプレイは、どっちか。
後者だろう。そこから明日の質問では確認だ。

そして、外国産航空機だとすれば、いつの時点で、防衛省は、国土交通省に
低空飛行の申請をするのか。

暫定配備までに、安全に関するわからないことは、明らかにしなければと考える。
聞きたいことは、山ほどほどあるけど、チョイス。
やっぱり時間が足りなさそう。
さて、質問が時間内に終わるんだろうか。
今から最終チェック。
posted by のんのん at 20:41| オスプレイ