2020年06月04日

田中の議案質疑、議会後に、反響があったのは、これ  市政協力員関係費 携帯端末導入事業費 724万2千円


6月議会の補正予算にあった
「市政協力員関係費 携帯端末導入事業費 724万2千円」

新型コロナウイルス感染症対策や風水害に迅速に対応するため、
市政協力員227人を対象にタブレット端末等を貸与し、
各種アプリを使用することにより、各地域への情報発信・
収集を双方向でスムーズに行えるようにするということですが、
市政協力員の活動実態を把握したうえでの事業費でしょうか。」

と質問した。

すると、
昨年発生した台風のとき、
被災後職員で分担し各市政協力員に連絡を取って
被害状況調査を実施し、調査表を提出してもらった。
このような場合に、タブレット端末を活用すれば、
必要な情報を一斉に伝達することが可能となる。
調査結果の収集や取りまとめも容易になるから、
迅速な被災対応に繋がることが期待できる。

また、新型コロナウイルス感染症拡大防止で
外出自粛をする中で、テレワークやリモート会議など、
ICTの利便性・重要性も再認識した。

市政協力員の方々に、
携帯端末の導入にかかるアンケート調査は実施してなく、
個々のICTの活用実態は把握していないが

初めてタブレットに手を触れた方でも、
年代を問わず直感的に操作できる使いやすいアプリを導入する予定。

また、別途、操作説明会も開催する予定、
共有での掲示板閲覧、過去分も含めた日報の掲載、
グループ通話など、今後有効に活用と考えている。

議員に反響があったのは、これ

市政協力員の方々に、
携帯端末の導入にかかるアンケート調査は実施してなく、
個々のICTの活用実態は把握していないが


執行部が情報を伝えるのに、便利というのは、十分わかった。
でも、市政協力員の実態はどうだろうか。
タブレットに届いた情報を簡単に操作してみることができる。
しかし、印刷するには、どうか。
家に、プリンターはあるか。
パソコンやスマホなど、インターネット環境に慣れているか。
届いた情報を地域の会議で、共有するには、やはり、印刷か、
メール配信するか。
キーボードを打つことができない人も、
地域貢献している方がいっぱいいる。
活用することが、市政協力員のなりて不足になりやしないか。

昨年の台風の時、地域での情報難民の解決方法は、
公民館だった。公民館に、掲示板ができた。
公民館が、防災活動の集合場所だった。
公民館の職員は、だれがどこに
屋根のブルーシート張りをしているとか、活動を把握していた。
公民館で、情報を得、公民館に情報を持っていった。

タブレットで会議をするのも便利だ。そりゃ、便利だ。
でも、通常の活動に、タブレットがあると、
どう地域の活動が変わるのか。
それが、便利より、負担になりはしないか。
まずは、活動実態の把握があり、予算化でしょ。

タブレットを貸与ということは、2年任期といえども、
毎年、新規市政協力員がいるかもしれず、常に
研修は必要となってくる。

そもそも、市政協力員を廃止して、地域にお金をという市町村が増えている。

さて、これは、委員会付託といって、
委員会でも、審議をする案件だ。
どんな審議になるか、傍聴しようっと。

議場は、コロナ対策 なんか狭いっ
DSC_2700.JPG


マイクがついたてで使えない。中央の質問席でおこなった。

DSC_2702.JPG

執行部は、ついたてに、マイクのトンネルがあった。
自席で答弁。

posted by のんのん at 22:39| 議員・議会