2020年07月01日

まるで、米軍の営業マンの防衛省。その営業結果が、これ。


ほらね。着々と木更津に。防衛省が木更津にとあっせん。

おさらいします。
米軍「沖縄から1000マイルまでのところなら、どこでもいいですよ。普天間基地の米海兵隊オスプレイの定期機体整備をする企業募集。もちろん格納庫は、企業で建てて。7月8日には、どの企業にするか、決めます。あっそうそう、普天間基地の米海兵隊オスプレイだけでなくて、あらたに、海軍オスプレイも整備をはじめるからよろしく」簡単にいえばこんな感じ。
米軍は、国内外に呼びかけたでしょ。建前上でも一応。

防衛省「国内企業のみなさん、米軍が今、募集しています。防衛装備庁のお金で、木更津に、格納庫を建ててあげますので、ぜひ、入札に参加してください」

まるで、米軍の営業マンの防衛省。
その営業結果が、これ。
 
防衛省北関東防衛局から、本日(7月1日)、「米軍オスプレイ次期定期機体整備の入札に木更津駐屯地の格納庫使用を前提として参加を希望する者の募集を防衛省が行った結果、国内企業1社から応募があり、使用条件を満たしていたことから、米軍の入札で選定された場合に同格納庫を使用できる合格通知を行った。」と、連絡がありました。

 なお、国内企業1社についての情報は得られておりません。
木更津市のHPより
https://www.city.kisarazu.lg.jp/shisei/1003952/1003953/1006600/1007102.html
posted by のんのん at 23:58| 日記