2020年07月07日

昨年12月に、災害への備え、木更津市に欠けているものを列挙していた 

九州の災害をみていて、あー、
ほんとに、想像を絶する状況だ。
ふと、思い出した。

昨年12月に、災害への備え、木更津市に欠けているものを列挙していた。
市内のどこの施設が浸水するかも、調べ、
どの施設に、水害に対する避難計画や訓練の実施をしたらいいのかも
調べて質問していた。

改めて、災害への備え、その後はどうなのか、きになったので、
ここに掲載する。



 資料2−Bを見ると、避難所全てが浸水する中学校も幾つかあるように見受けられます。
2020.7.7-1.png


資料2−CとDをご覧ください。
2020.7.7-2.png


 水防法や土砂災害防止法の改正で、
浸水が想定される区域や
土砂災害警戒区域内の要配慮者が利用する施設は、市町村が指定、
そして、地域防災計画に明記することになっています。
また、施設は、避難確保計画を作成し、
訓練の実施が義務づけ
られました。
市町村は、計画作成を指示し、作成していない施設の公表ができるようになりました。

 そこで、お聞きします。
木更津市は、この計画を作成していない施設の公表をしていますか。

木更津市 作成に至っていない施設については、公表はしていない。

命を守るためにも、公表して、速やかに作成するように指導していただけるよう、お願いします。

 資料2−Eをご覧ください。
 国土交通省の集計データによると、
木更津市は、140の施設のうち、
計画を作成しているのは23と報告しています。
しかし、地域防災計画には、指定した施設数は39施設です。
この食い違いをご説明ください。

木更津市  
法改正に合わせ、地域防災計画の改定の際に、見直しを行っていく。

どんな施設を要配慮者利用施設に指定したらいいのかですが、
社会福祉施設、学校、医療施設、
その他主として防災上の配慮を要する人が利用する施設と定めていますが、
具体的には、市町村に任されています。

 資料2−Fは、大阪市の場合、資料2−Gは相模原市の場合です。
2020.7.7-3.png


2020.7.7-4.png


どちらも、学童保育や放課後等デイサービス、
通所の介護保険サービス事業所も指定対象としています。
木更津市はこのように定めていないように思うのですが、
ご見解をお示しください。

木更津市 地域防災計画の見直しを予定しているので、
関係課との協議や、他市の事例等を参考にするなど、
本市に合った条件となるよう、整理をしていく。


介護保険サービス事業所は福祉部、有料老人ホームは都市整備部です。
幼稚園や保育園などは健康こども部。
このことは、危機管理の一環で、横断的な対応を求めます。


次、資料2−Iをご覧ください。
2020.7.7-5.png


2020.7.7-6.png


2020.7.7-7.png


現在、木更津市地域防災計画には、高潮の浸水深は想定されていません。
よって、新たに施設を指定したり、現在、指定されている施設も、
高潮の場合は避難確保計画もさらに作成する義務があります。

高潮ハザードマップで調べたところ、
新たに浸水が想定される施設もありました。
要配慮者の利用施設がどんどんできていく状況でありながら、
指定する施設があるたびに、
防災計画をつくり直すのもいかがなものかと思いますが、
今後どのように対応されますか。

木更津市 地域防災計画資料編の修正について、適宜、最新の情報が掲載できるよう、精査をしていく。

消防の救助の視点からお聞きします。
このたびのたび重なる災害、
さらに、高潮ハザードマップでの浸水の深さ、
浸水地域の広さ、浸水時間の長さなどから、
今後の対応について、
現在検討していることがありましたら、ご説明ください。

木更津市 現在、本市消防本部が所有する、
救助に用いるボートは、手こぎのボートが1そうのみである。
これは主に、河川や海岸付近で発生した、
水難救助活動に用いる。
消防本部としても、
高潮など、広範囲かつ長時間に及ぶ浸水への対応については、
対応でき得る資機材の不足を痛感しているところである。
また、10月の大雨の際、長生郡市消防本部から、
家屋などに取り残された方の救出のため
動力つきのボートが必要であるとの、
応援要請があったが、手こぎのボートが1そうしかなく、
他市に持ち出せないため、要請をお断りした経緯がある。
今後としては、広範囲への浸水に対応できるよう、
動力付きで、複数の浸水箇所へ対応できるよう、
複数のボートを早急に配備すべく、予算要望を行っていく。


これは、昨年12月議会で質問した災害に対する質問だ。
成果としてボートを予算化できた。
他にも、いろいろ今後すべきことを具体的に指摘していたが、
どこまでできているんだろう。
九州の災害をみていると、いまのうちに、木更津市がやっておいたほうがいいことがいろいろある。
どこまでできているんだろう。


posted by のんのん at 22:37| 消防・防災