2020年08月02日

主催者側って、だれ?

市民からの問い合わせがあった。

「広報にも、市議会だよりにも、掲載がない。
どうしたのか、宿泊施設等利用促進事業費 18,625千円 市独自施策」
というもの。

さっそく、調べてみた。
木更津市のHP 7月15日にキャンペーンのお知らせがある。
2020-08-02.png

※新型コロナウイルス感染症の影響などにより、本クーポンの内容変更もしくは中止させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
とあるものの、中止になったとは書いてない。
楽天のHPにリンクを案内している。

この事業は観光協会に、丸投げ(言い方はきついがそうみえてもしかたない)だった。
観光協会のHPにも、中止になったとは、書いていない。
楽天のHPにリンクを案内している。

楽天のHPを検索。
すると、なんということでしょう。
2020-08-02 (1).png


「新型コロナウイルスの感染状況やGoToトラベル事業の見直しの方針を受けまして、主催者側の判断により本クーポンは中止させていただきます。誠に申し訳ございません。
既にクーポンを獲得し完了されたご予約は、そのまま割引が適用されます。(2020年7月21日)」


と書かれている。

「主催者側」の判断って、だれ?

7月21日、木更津市議会臨時会はその前日にあった。
専決処分案件(議会では事後承認)だった。今までなら、本議会だけで、さらっと承認だったが、
専決処分も委員会での審査を受けてから承認するかしないかを決めることにした。

議会で、審議していたときは、国がするかしないか、判断しかねていた時期だった。
もしも、国が中止になったらどうするのか。国の割引と併用できるのか。
なども、質問があったが、国がはっきりしないため、
所管課も困り果てているように傍聴していても、思った。

明日、さっそく、所管課にきいてみよう。
「主催者側」の判断って、だれ?
もし、木更津市なら、HPには、中止になったことを知らせるべきだし。


posted by のんのん at 23:23| 木更津市