2020年09月21日

わかりにくいしくみを図にしてみたけれど、やっぱり(笑)


こんばんは。
ほとんど、朝から楽しく調べものをしています。
「傍聴席からみた決算審査」執筆中。

まださわり部分ですが、1つだけご紹介。
いつもわかりにくいこのしくみ。
図にしてみたけれど、やっぱり、わかりにくいかなー。
臨時財政対策債.png

【 これっ、ちょっと違うよとアドバイスをいただきました。
ありがとうございます。9.23 差し替えました】

そもそも、わかりやすいしくみではないからね。

臨時財政対策債って、小泉政権のときに始めた期間限定もんだったのに、
ずるずるといつまでもありで…。

小泉政権の時、国の財政も厳しいから、
地方の自治体へ仕送り(行政用語でいうと、地方交付税)が十分に出せなかった。
それまで、税収入でまかなえない自治体、
つまり一人前ではない自治体には、国は地方交付税を出すことで、
日本のどこに住んでも標準的な暮らしができるようにしていた。
それで、小泉政権のときの苦肉の策が臨時財政対策債。

どういうことかというと、国は、仕送りを十分にできないから、
足りない分は、いくらいくらだよ。その分は借金してとりあえず
やりくりしておいてね。後年度にその分仕送りするから。
ってね。

つまり、毎年、少し足りない分を借金し続ける構造だから、
その返済だって、毎年あるよね。
こういう危険な綱渡りは、地方交付税をもらっている自治体はみなそう。
それがどこかというと、
財政力指数でわかります。
一人前で、地方交付税をもらわずに
がんばっているところは、財政力指数は1を超えています。

ちなみに、木更津市は、少しずつ1に近づいています。
平成25年度は、0.81 令和元年度は0.87 
そう、木更津市は、0.8人前です。

今日の一枚の写真はこれ。
母がつくったくるみの飴煮。
夜遅くまでかかって作ったそうな。
隣の真っ黒なのは甘とうがらしの佃煮 
私がただ、ぐつぐつ煮た簡単メニュー。
DSC_0415.JPG



誤字訂正済
posted by のんのん at 20:34| 財政