2020年10月31日

今日は、嘉田由紀子さんのお話


ZOOM学習会に参加。
テーマ「命を守る災害対策とは 〜滋賀県流域治水条例〜」
講師 嘉田由紀子さん(元滋賀県知事、現参議院議員)

事務所のパソコンをスクリーンに映して、スタッフとともに
受講しました。

嘉田さんは、千葉県の〇〇市のハザードマップを例にして、
学校が掲載してあるが、
福祉施設はなぜ掲載しないのか、と問題提起。

福祉施設の場所がどんな災害が想定されるのか、
災害に応じた避難訓練などしているのか、
災害に応じた建築にしているのか(床上浸水しないような工夫)

おー、そうそう、田中は大いにうなづきました。

昨年12月議会に質問してました。
その時の資料がこちら

まず
避難所の高潮浸水深を調べる
というのも、木更津市の地域防災計画では、地震、津波、洪水、土砂の災害を想定していて、
高潮浸水深は想定していない。
高潮浸水深のハザードマップからひとつずつ、避難所を調べたのがこれ。
高潮のときに、避難所として使えないところは、薄紫
10.31-1.png


要配慮者利用施設に係る水防法上の義務等のお知らせ
水防法・土砂災害防止法の改正で、
浸水想定区域や土砂災害警戒区域内の要配慮者利用施設では、
避難確保計画の作成、避難訓練の実施が義務。

要配慮者利用施設とは、どんな施設か
それは、市町村が地域防災計画に定めた施設。
10.31-2.png


地域防災計画に定めた要配慮者利用施設を他市と比べる
大阪市、相模原市、木更津市で比較。
なんと、木更津市、ぱっと見でも少ない。
学童保育もない。デイサービスもない。ないないづくしであることを議会で昨年12月に質問し、指摘していた。

そこで田中は、議会質問は終わらなかった。
調べるだけで、時が過ぎそうなので、ここまで調べたら、あとはやるしかないと思って。
現状の指定された施設でも、高潮浸水深で、
新たに避難確保計画、避難訓練が必要な施設がある事を指摘。

10.31-5.png


10.31-6.png


10.31-7.png




さて、あれから1年が過ぎようとしている。
今日の学習会で、改めて、その後を検証しようと思った。
・地域防災計画に、高潮浸水深も含めた計画になっているのか。
・要配慮者利用施設として、新たに指定した施設はあるのか。
・避難確保計画は、各施設でできたのか、点検しているか。

でも、今度の12月議会は、コロナ禍で50分に限定。
通常より10分削減。よって、今回は無理。次回以降。
危機管理課さーん、しばし、お待ちください。
そのうち、また質問します。

そうそう、嘉田さんは、
寝たきりの方で避難所に行けない場合は、
ライフジャケットを着せるとか、ボートに寝かすなどすれば、
1階が浸水しても、浮いて2階へ上がれると話してました。

田中は、ライフジャケットを着せたら、
ずっと浮いてるから息をすることはできるのに。
災害のニュースのたびにと言っていた。
これ、やっぱり、広めたらいいと思う。
懐中電灯を備えるとともに、津波・洪水・高潮浸水深区域は、
ライフジャケットを。

posted by のんのん at 21:54| 日記