2020年06月10日

あっ、危ない! 前の車が急ブレーキ。間一髪 自転車に乗った子どもが飛び出し そのあとの私は


飛び出してきた。「あっ」

スピードを緩めず、飛び出した幼児は
ヘルメットをかぶって、補助輪もつけずに乗れるようになって
うれしい気持ちにあふれていた。
4軒ほどの家のまわりの道をぐるぐる回っていた。
1つ2つ上のおんなの子とおとこの子も
幼児の後ろを自転車で走っていた。

私の前方を走っていた車は、急ブレーキ。

間一髪 

飛び出してきた自転車に乗った幼児を避けることができ、
走り去った。

昨日、事務所の前の出来事だった。
私は、駐車場に車を入れていると、
1つ2つ年齢が上の子どもは
「危ないでしょ」と言っていたが、
危険だったことを理解していなそう。

自転車で一周回ってくるのを待ってみた。
きたきた。

「ぼくぼく、こんにちはー。
さっきは、危なかったね。
おばちゃんは、びっくりしたよ。
あのね。自転車をすごくうまく乗れる方法をおしえてあげようか。」
「うん」
「ここの白い線があるでしょ。ここで、ブレーキを使って
停まるの。できるかな。
そして、車がこないか、右左をみるの。できるかな」
「うん」
「じゃあ、それができたら、すごく自転車に乗るのがうまくなるよ。やってみてね」
「はーい」
幼児は自転車に乗り、ぐるぐる。

今度は、1つ2つ上の女の子に声かける。
「さっきは危なかったね。今ね。ぼく(幼児)に、
この白い線で止まって右左をみてねと伝えたんだけれど、
おねえちゃんたちに、お願いがあるの。
白い線で止まるのをおねえちゃんがやって見本になってくれる?
そうすると、ぼくも、マネすると思うの」
「は-い」

そして、ぼくがぐるりと回ってきた。10mほど先。
白い線で…停まった。おっ、停まった。

私は、思わず、拍手。そして、大きな声で言った。
「すごいねー。できたねー。見てたよ。
これで自転車、乗るのうまくなるね。よかったねー」

今日の写真はこれ。
DSC_0003_BURST20200610065345666.JPG

月に一度のまちかど挨拶。
この1時間ほどあとに、ここの交差点でくるまどうしの交通事故でびっくり。
posted by のんのん at 21:03| こども

2020年05月19日

日常と非日常 経済的に困難を抱えている児童生徒の昼食代(給食費相当)を支給


2020.5.19-1.png


新型コロナウイルス感染症対策のための臨時休業で
給食がなく、家計への負担が多くなっている。


4月3日に調べていたのは、これ。
木更津市の場合は、2/28までの給食費を徴収し、3月分は休校であり、徴収しなかった。

要保護児童・生徒(生活保護世帯)の給食費は、
@ 社会福祉課から保護者に生活保護費に給食費もプラスして支給
  →3月分は、給食がなくても、支給。保護者の収入とはみなさない。
A 社会福祉課から保護者を介さず、給食費を直接、学校給食課に納入
  →3月分は、給食がなく、保護者に支給。保護者の収入とはみなさない。

ところが、
学校給食は、本来、保護者からは、実費のみもらうことになっているので、
準要保護児童・生徒の場合、その実費は、就学援助費として学校教育課が学校給食代を支払っていた。
3月は給食がなかったので、実費は発生せず、保護者には、給食費を支給するしくみではない。
ということだった。

その後、4月も休校となった。緊急事態宣言も発令された。

4月3日に調べていたことのその続きが昨日5月18日にわかった。これ。
市立小中学校休業期間中の令和元年度就学援助を受けている児童生徒の昼食費を支給します
新型コロナウイルス感染症の予防対策による市内公立小中学校の臨時休業に伴い、学校給食の提供ができなくなりました。

休業期間中の昼食費として、準要保護の認定世帯に対して、昼食費相当額を支給します。
〇支給対象者 就学援助を受けている児童生徒の保護者
〇支給額 
 ・小学校:月額5,000円
 ・中学校:月額6,000円


遅かったけれど、やっとです。
準要保護児童・生徒にも、給食費相当が支給されることになった。
文科省が、3月31日に、事務連絡を出していた。なんと年度末に。
後手後手。
今回は、特例として、支給してもよいと!
posted by のんのん at 23:12| こども

2020年05月03日

日常と非日常 学校の9月はじまりについて


今年の9月は無理だけれど、
今年度は、3月で終わりではなく、8月が終わり。
4月から、
って
いうのは、真剣に考えたほうがいいと思う。
それまでに、コロナが終息するかどうかは、わからない。
でも、今でさえ、3月はじめから5月末まで学校へ行かないことになる。
9月はじまりになったら、あれはどうする。これはどうするって、
変わったら困ることばかり並べるのではなく、
子どもたちの学びをきちんと保障すする社会であるべき。
社会のしくみにあわせて子どもの学びがあるのではない。

コロナが終息するかどうかは、わからない。
インフルエンザのように、毎年、やってくるのかもしれない。
外出自粛をずっとしているとは思えない。

コロナでの外出自粛は、
長く続くとしんどいし、見えない恐怖もあり、
こころがおれないよう、気の持ちようも重要で。
戦争を知らない私は、これは、一種の生物兵器ではないかと思っている。
侵害コロナは、どんどん学習しているように思える。
AIみたいだ。
もしかして、エイリアンかとかSFが好きだったから、
想像の世界にはいってしまう。

父は、学徒動員の話をよく父がする。
勉強したくでもできずに、工場で働いたって。

今のこどもたちも、きっと大きくなったら、あのときは…って
こころにずっとあるんだろうなと思う。

今日は、憲法記念日。
第二十六条 
すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
○2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

去年の憲法記念日は、
DSC_0034.JPG


今年の憲法記念日は、
DSC_2496.JPG

でかけず、
家で、マスクを作ってました。
DSC_2507.JPG





posted by のんのん at 22:27| こども

2020年04月05日

小中学校まで「千葉県の対応に右にならい」になってしまった


今日のお昼のニュースで、千葉県が県立学校の臨時休校を。
それにならって、市内の小中学校まで、休校が延期になりました。

私は、県立高校は、通学で電車に乗る人が多いので、
問題だと思っていました。
千葉県の対応は、今日の午前中まで、
県立学校は、4月は通常通りの予定でした。
県教育委員会からの通知文書によると、
「香取保健所管内及び海匝保健所管内の県立高等学校については、4月13日以降に実施する。」
とありました。
一部だけが休校だったのです。

でも、高校生がインターネットで呼びかけました。
通学で電車を使うのに、
私が感染者となってしまって、だれかにうつしてしまうのは、いやだと
確かに、小中学生より、リスクは高いと思いました。

小中学校の場合は、
電車に乗らないし、
学校には、保健室に養護の先生もおられるし、
担任の先生も日中、ずっと子どもたちの様子を身近にみながら、
過ごすし、まだ、安心かな。
それに、学童保育もご家庭の保護者も
そろそろ疲れてきているのではと思いました。

さて、小中学校は、明日から始業式。
先生たちも、意気揚々としていたところに、このようなことに。
まぁ、万全を期して、いたしかたないのかと。

問題その1
学童保育の方々は、1か月間、単なる夏休みなどと違って
かなり神経を使って子どもを保育していたことでしょう。
学校を休みにして、学童保育に丸投げなんてことのないように、
木更津市は、3月も自主学習を学校でしていた子どもたちがいます。
でも、これ、保護者が朝、何時までに登校に付き添い、送り届けるなんて、
ルールがある学校もあったようで、いつも、一人で登校しているのに、
なぜ、って思いました。
今回は、どうかしら。
現場の声を聴いてみるのもどうかしら。
ある自治体は、学童保育の支援に、入ったとか。

問題その2 学校給食の食材です。
3月を休校にして、やっと、食材を申し込んでいただろうに、
みんなみんな
新学期早々、どたばたで疲れ切ってることでしょう。

そうそう、学校がお休みで、仕事もテレワークなどで、
みんなが家庭に一緒にいる時間が多くなって、
外に出かけることもマスクなど、制限がありますね。
家庭で、DVや虐待が起きていても、相談にまでつながらない場合があって、
ニュースでもありましたね。

新型コロナへの対応に係るDV被害者に対する適切な支援について
4/3に内閣府、厚労省より都道府県に通達が出されました。
DV被害者の相談や一時保護を迅速に行うようにって。

都内の団体で
DV被害者支援をしている方(研修がご縁で知り合った方)から教えてもらいました。

とにかく、長期化はさけたいですが、すこしでも、
穏やかに過ごすように心がけてみたいものです。

ひさしぶりに、息子の兜を飾ってみました。
DSC_2381.JPG

インターネットで検索
「端午の節句」は、もともと古代中国の季節行事「五節句(七草の節句、桃の節句、端午の節句、竹(笹)の節句、菊の節句)」の1つでした。「節句」とは、季節の変わり目という意味。季節の変わり目には邪気が寄りやすいので、季節ごとの飾りとお供えものをして厄払いをし、無病息災を願う風習がありました。

4/6 誤字訂正
posted by のんのん at 17:24| こども

2019年11月13日

楽しかったー。直接雇用の20人のALT


小中学校で働くALT(外国語指導助手)が企画する懇親パーティに参加。
英語が苦手な田中、異次元体験。
DSC_1361.JPG

楽しくわいわいお話したのですが、こんなパネルが配られました。
DSC_1360.JPG
 

Ⅼisten
英語で物語が語られる。
耳をそばだてて、かすかに聴きおぼえのある英単語をキャッチし、どの話かを答える。
もう必死。

あっ、手袋ー。
正解。

最後に、
これは、6年生の授業で使いました。って。
ふー、チームごとだったから全問正解だったけれど、
ひとつ、話しの内容もわからない物語があった。
3 years hills  三年峠

これ。韓国のお話ですって。
ぐぐってみた。
どうやら国語の教科書にあるらしい。
posted by のんのん at 23:59| こども