2018年02月10日

差別と偏見


ジャーナリストの安田浩一さんの講演は、息をつくまもなく、早口だけれど、どんどん心を揺さぶる内容だった。

位置情報被害者がバッシングを受ける
沖縄の保育園や小学校にヘリコプターの部品が落ちた。
子どもたちの危険と隣り合わせの被害者。
そこへ、電話やメールがどんどん届いた。
その内容は、ここに書くのもおぞましい。

位置情報普天間基地の周りに家が密集している理由を知っていますか。
1万人ほど住んでいたものの、住民は強制収容所へぶち込まれてしまった。
その間に、米軍は空き家を壊し、滑走路をつくり普天間基地ができた。
戦争が終わり、戻ってきたら、家がない。鉄条網が張られ、中に入ることはできない。
しかたなく、基地の周りに家を建てた。
年に2回、基地内にあるお墓にお参りに行ける。でも、宜野湾市役所に予備書類をもらい、
米軍に事前に申請をしなければならない。
好きなときに、すきなだけ、だれでもがお墓参りに行くことはできない。
土地、家、ふるさとを取られてしまった人たちなのである。

位置情報ヘイトスピーチとは、
自分がどんなに努力しても、変えることができない属性
性別、出身地、国籍、民族、障害、LGBTなどマイノリティなどの属性を理由にして、差別であおること。
ヘイトスピーチは、言葉の暴力ではなく、暴力。
当事者にとっては、その場だけでなく、ずっと心に突き刺さってしまうものである。

位置情報外国人の就労からみえる差別
外国人が日本にきて就労する研修生。
その待遇は、なかなか知られていない。
取材からわかったことを安田さんはどんどん語る。
中国など、片田舎から公的な送り出し団体に手続き料などを払うのに、借金をして稼ぎに日本にくる。
日本は、研修生としてだ。労働者として入国はできない。
日本での受け入れ団体が研修先を決める。
研修で、本国に戻って、技術を伝えるという本来の目的からかけ離れた状態で
研修先を自分で決めることができない。
時給200円(2006年のころの事件の話 現在の時給は200円ではないと思うが高いとも思えない)などと書かれた契約書がスクリーンに映し出される。
ストライキはだめ。携帯電話やパソコンも持つななどと書かれていた契約書だった。
食事代15000/月
同居、結婚、妊娠を引き起こす行為はしてはいけない。
3年間だけの研修生。一生に一度だけのチャンス。
借金してきた分以上に稼がないと帰れないから、劣悪な環境でも働いている。
もしも、日本人だったらどうでしょう。最低労働賃金はもちろん、劣悪な処遇。
改善するよう、労働組合に言ったり、経営者と交渉したりできる。
できることを知っています。でも、外国人は知らない。
知っていても、解雇になり、国に強制的に送られたら、借金だけが残る。
パスポートと預金通帳は、経営者に預けていた。3年たっても、全然貯金がないことに愕然とする。
それにより、殺人に至ってしまった事件を2つ紹介してくれました。
その1つは、
職場を替えてほしいという要望が通らず、悲しい結果に。

むかっ(怒り)大阪府警による沖縄県民への土人発言のその後
大阪府の松井知事は、翌日差別的発言ではないと認めてしまった。
政府も菅官房長官は、「差別的発言ではない」
そして、その後10/22、大阪モノレール門真市駅男子トイレの落書き
Osaka Pref 公認 New Word「土人」、そのあとに差別的な言葉がいくつも書かれていた。
すぐに駅の係員が対応し、門真市に連絡した。

位置情報生活保護のバッシングも

ひらめき私たちにできること
釈迦の「毒矢のたとえ」
毒矢にやられて倒れた人がいる。
村人が寄ってきて、矢を射た人はどんな身分か、何という名前か、どういう苗字か、背が高いか低いか中くらいか、肌は何色か、どこに住んでいるのかなんて、聞いたり、どんな弓か、弦は何でできているのかなんて、調べてたらどうだろう。
まずは、毒矢を抜き、死なないようにすることだ。

ひらめき加害者だけみるな
ヘイトスピーチ、どうしても、加害者をみてしまう。
でも、被害者、当事者の気持ちも考えてみよう。
ヘイトスピーチのデモをみても、怒りがあったとしても、
当事者、たとえば、在日●●人というだけで、自分ではどうしようもない属性であるため、生涯、こころに突き刺さってしまう。

ヘイトスピーチや差別も同じ。
どんなことを言った。だれが言った。などと外野でみてないで、身の回りの暮らしの中で
ヘイトスピーチや差別をなくした暮らしをすることである。
そして、ヘイトスピーチ、その考えに賛同する人、差別をする人は、
人数的に多いということ。それも、学歴、職種、年齢、さまざまであるということ。

ちょっと、重たいテーマだったが、話を聞けて、よかった。


posted by のんのん at 21:32| 暴力

2017年02月15日

いらつくこと むかつくこと


お知らせです。
女性に対する暴力のない社会・子どもたちが健全に育つ社会の実現をビジョンに、「関係修復プログラム」を提供している竹内由紀子さんからイベント案内のメールが届きました。
2017.2.22DV防止プログラム.png

なかなか、こんな講座ないです。
申込先 info@dv-notice.com

もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
http://dv-notice.com/
男性のためのプログラム
女性のためのプログラムもあります。
posted by のんのん at 22:02| 暴力

2017年01月19日

トランプ氏、間違ってます


今、報道ステイションを聴きながら、ブログを書いていた。
トランプ氏のツイッターの報道。
「いじめをどう対応したらどうですか」に答えたという。どう答えたかというと、
「攻撃するか無視だ」と答えたという。
とんでもない。無視はいじめである。暴力の一つ。
無視こそ、きついいじめはない。自分の存在感がないのだから。
さて、就任の演説が気になるけど。
posted by のんのん at 22:19| 暴力

2014年10月11日

拉致

今日は、ヒューマンフェスタ。市民会館大ホールにて。人権擁護がテーマ。
きさポンと一緒だとスマートに見える私。
IMG_3517.JPG


そうそう、ピンクTシャツを着て、第三中の吹奏楽部が演奏しました。一人の学生がピンクのTシャツを着て、投稿したところ、いじめられて、いじめをなくすために、50人でピンクのTシャツを着て登校し、いじめをなくす活動がカナダで始まったこと、先進国では日本だけ遅れていること、生徒会でこの活動をすすめていることなど、説明して演奏が始まりました。
IMG_3528.JPG


その後、横田夫妻の講演でしたが、数日前に、滋さんが自宅でケガをされて早紀江さんがおひとりできてくださいました。なにげない家族の会話、家族のだんらん、それらすべてが平和という上になりたっていたものであったこと、そして、それが保たれている日本ではなかったこと、総理大臣が何人も変わっても解決しない。13歳のときに、あと数分で自宅に着くという中学生が、忽然と姿が消え、20年たって拉致されたことがわかった。そして、今年、娘は50歳です。20歳までには、30歳までには、と思っていて、とうとう、50歳を過ぎてしまいました。いつ終わるのかという言葉が印象的でした。
IMG_3531.JPG

ブルーリボンのピンバッチ、はじめに購入していてよかった。帰りには売り切れてました。私の服には、虐待防止のオレンジリボン、DV防止のパープルリボン、そして今日から、拉致解決のための願いを込めたブルーリボン。
IMG_3533.JPG

オレンジリボン、お花のピンバッジで押さえて私流。
posted by のんのん at 21:06| 暴力

2014年06月25日

二次被害

「セクハラヤジでこんなヤジを受けたことがある」
という内容のマスコミの記事を目にした。

ふと思い出した。
二次被害。
子どもの場合、極力その部分を避けるよう、関係者は最大の配慮をする。
アメリカでは、子どもから、性虐待などのききとりをする場合は、
子どもの気持ちを第一に考え、
何度も同じことをききとりしないでいいように、
一回で、のちに司法でも証言として使えるような公的な記録と
なるよう、専門家が聞き取りをする。

被害を受けたことを聞き取りすることで、
再度その時のいやなことを思い出してしまったり、
再度、精神的な苦痛を避けるためと、以前、
学んだ。

インターネットで検索すると、
直接的なセクハラ被害を「一時被害」とすると、
周囲の人に相談したことにより、
被害者が二次的に精神的苦痛や実質的な不利益または被害を受けることを二次被害という。

セクハラヤジを受けたことがあると具体的に、個人名付きの
取材記事があった。

疑問に思った。
記事に書くのに今ひとつ、マスコミは配慮が必要だと思う。
その言葉がだれが言われた言葉なのか、限定されるような記事は
本人が了解しているのだろうか。
言われた人がだれかという情報は読者は求めていない。
どんな言葉だけだったのではないだろうか。

取材で、二次被害を与えないように 受けないように。
    




posted by のんのん at 22:46| 暴力