2018年04月18日

研修 いわき市にて


@ 避難の協同センター設立から2年 今後の取り組みに向けて
2016.6月、自主避難者の住宅支援を2017.3月末で終了の閣議決定で
避難当事者に応急みなし仮設住宅を退去することを郵送文書でおこなった。
福島県や都道府県の担当者が戸別訪問ほ行い、精神的に参って入院をする避難者もでた。いろいろな市民グループなどと連携し、相談ダイヤルを設けた。

2017.1〜3月
住宅の無償提供打ち切りを控え住まいの確保支援が続く
相談から課題が浮き彫り
東京都などでは、都営(県営)住宅住宅優先枠に
21万4000円の収入があると入所できず、世帯要件の制限もある。
入所したのは、東京都 140/300世帯
千葉では1/60世帯

2017.4〜12月
生活困窮とにによる戸別相談と生活保護申請などの支援が増え続けた。
事例紹介あり。
母子世帯で、震災後体調不良で就労不能、住宅無償支援打ち切り、生活困窮者支援法で住居確保給付金を申請
など。
この給付金も期間が決まっている。その間に就労を開始しなければならない。
避難先では非正規雇用で年間収入150万円ほどであり、
2019年3月末で福島県の民間家賃補助月額2万円が終了する。
ますます、経済的負担が厳しくなる。
原発事故で生存権、健康権、幸福追求権をないがしろにされ、
原発事故こども被災者支援法は憲法で定めたそけらを
守るための法律。人権問題として、取り組むべきである。
明日は、政府交渉をすると、瀬戸さんは語る。
20180418_145003.jpg

支援法国会議連と避難の協同センターの共催。
民間賃貸家賃補助の継続をする。
公営住宅法第22条第一項に基づく特定入居に区域外避難者を加えることができないかを質問すると言う。

各自治体でも、自主避難者の実態調査をするように。
東京都、山形県、新潟県の調査は大きい。
20180418_150835.jpg

A新潟県の検証作業から
残念ながら本日辞任した米山知事の2年間の実績も兼ねてた報告だった。
泉田前知事の取り組みを継承して、「避難者の生活への影響」検証

検証総括委員会
新潟県原子力発電所の安全管理に関する技術委員会…事故原因の検証
新潟県原子力発電所事故による健康と生活への影響に関する検証委員会…健康と生活への影響
新潟県原子力災害時の避難方法にかんする検証委員会…安全な避難方法
を立ち上げ、動き始めたところだった。
今後も継続されるといいのだが。


Bトリチウム汚染水、たらちねの活動
市民事業で、いわき放射能測定室で、海の水のトリチウムを調べている。
IMG_2779.JPG

トリチウムとは、どんなものか。今までの検査結果などの説明をうけた。
セシウムを1とすれば、トリチウムは100だという。
軽水炉の原発は、トリチウムを放出する量が多い。
玄海原発の稼動前、稼働後の白血病死亡率と原発からの距離の変化を元純真短期大学講師・森永徹博士の発表も説明してくれた。

福島大学が行なっている世界から科学者たちが参加する成果報告会がある。
その会は、セシウムの発表ばかりで、
ストロンチウムはなかった、トリチウムの影響はなかった
ということを世界の科学者にしらせるような会で、ストロンチウムやトリチウムをしらべているのは、市民事業のたらちねだけかと愕然としたそうだ。

たらちねは、いわき市内の中学の敷地内のストロンチウムを測定した。
そのデータを専門家の先生に話したら、そんなにでたのかと驚いたので、それで、やっと、これは大変なことだとおもったとのこと。たらちねのHPでも学校名をふせて報告しているという。

C福島原発事故と刑事裁判
政府の原子力緊急事態宣言は未だ解除されていない。
なのに、帰還させ、支援をうち切ろうとしている。
人権を守るより、経済復興。
いわき市に再生可能エネルギーをと、風力発電を140基を設置する話がでているが、
140基か。びっくり。
この裁判は、だいたい、避難者の1割のひと12539人が原告。
福島県は震災前は、200万人 震災後187万人 、避難者は13万人 だからね。
指定弁護士は、1件310万円で請け負っている。
だから、短期間で集中してやり終えたいそうな。
でも、論点整理に1年かけたり、メールを全部点検したり、一部屋ぶんぐらいの書類を押収したり。でも、きわめつけはやっぱりこれ。
IMG_2795.JPG

津波はくると知ってて、その対策をとらなかった。
IMG_2799.JPG

以上
posted by のんのん at 22:29| 原発・放射能

いわき市へ

福島原発震災情報連絡センターの 
第7回総会&被災地スタディツアーに行ってきます
日程 4月18日(水)〜19日(木)
【4月18日(水)】
@避難者支援の現状と課題:60分(講演40分、質疑20分)
 ・避難の協同センター 事務局長 瀬戸大作
A新潟県の検証作業から「生活への影響」分科会の状況:30分(講演20分、質疑10分)
 ・新潟市議会議員 中山均 
Bトリチウム汚染水、たらちねの活動:50分(講演40分、質疑10分)
 ・いわき放射能市民測定室たらちね 事務局長 鈴木薫
C福島原発事故と刑事裁判:40分(講演30分、質疑10分)
 ・福島原発刑事訴訟支援団 団長 佐藤和良 

【4月19日(木)】
8:00〜11:30 富岡町〜大熊町視察(マイクロバス)
* ガイド: 大熊町議会議員 小幡ますみさん
●富岡町ー2017年3月に指定解除された居住制限区域(20〜50mSv/y)の現状、
 ・富岡駅、富岡海岸、富岡商店街、夜ノ森公園、滝沢ダム
●大熊町ー全住民避難自治体、大熊町復興拠点(大川原地区)−居住制限区域の現状
 ・大川原地区(居住制限区域)−31億の役場建設計画の現場
いわき放射能市民測定室たらちね 
 βラボ、「たらちねクリニック」及び付属施設の見学

一部修正しました。
posted by のんのん at 07:00| 原発・放射能

2018年04月15日

えー?そうなの?


スポーツジムのプールのジャグジーで癒していながら、
知り合いと昨日の話になった。
国会前に行ってきて…だったよ。
私は、
憲法の講演聞いてきたよ。9条かわったらさー。…
互いに、あーだったこーだったと話していたら、隣で目を丸くしている人がいて、
一緒にレッスン受けたけれど、お話したことはありませんでした。
でも、私たちをじっとみてたので、
なにか?
私も国会前に昨日、行ったんです。
えー?そうなの?
と様子をいろいろ話しました。

同じようなことに、関心を持つ人も身近にいたんだと
なんだかうれしくなりました。
名前をいいあうでもなく、お話した時間は、体を癒すだけでなく、こころも癒されたような。
でも、久しぶりのスポーツは、私にとってはハードで、帰宅してから、ソファでうたた寝。
散歩から帰ったきた夫が、なんだ。寝てたのか。
運動したから。
そんなに運動したのか。
そっ。とはいったものの、ずっと忙しかったからだと思う。

posted by のんのん at 21:09| 原発・放射能

2017年08月17日

柏崎原発を視察

IMG_1694.JPG

モバイルを持参して新潟市に来てます。
でも、モバイルの調子がよくなく、スマホでブログ更新。
よって、ダイレクトに書きます。
視察した東電ホールディングスの説明、
原発反対運動をしている武本さんの説明を聞いて、私の思ったことです。

●柏崎原発視察
@立地場所に不安
 石油、地盤沈下、断層、液状化
IMG_1705.JPG

IMG_1707.JPG

ここは、中越地震?後、断層を調べに専門家やテレビ局がきたところだそうです。
この断層の延長線上に、柏崎原発があるときき、びっくり。

A原発ができるまえに石油発掘で調べた地層の資料が、原発立地に反対の科学的な根拠となった

B3.11あとに15mの防潮堤できたけれど、
 それも液状化して役にたたないことがわかった
IMG_1677.JPG


C今は1がら7号機まで稼働していない
 電力のピークは2001年
 今はピークの8割
 なんと、このデータ、2015年で終わり。
 新電力もできたからとかなんとか。っていうか、ピークに達しないから原発の必要性がないことが露呈するのを隠したいのかな。

Dいまは、燃料棒を冷やし続けて、その維持のために電力を関東から受電してる。
 おおよそ10万キロW/H
IMG_1682.JPG

実物の1/5模型

E免震重要棟がいざというときに
 せっかくできたのに、免震のゴムが75cm
ところが、長周期地震だと、ゆっくり75cm以上揺れるから耐えられないことがわかった。
 いざというときに使えず、今五号機の建屋スペースに移転の予定。

F使用済み核燃料は、六ヶ所村に運ぶ。海から運ぶ。だから、海のそばにほかんする建物がある。
防潮堤を作ったり、それでも津波が来たらと対策してるのに、東日本大震災でも、この手の建物は壊れなかったから高台ではなく、運びやすい海にしたんだって。
でも、六ヶ所村に運ぶめどはっていない。単なる一時保管なんだけど、なんだか、ずっとそこに置いておきそう。
IMG_1694.JPG

G東日本大震災のあと、いろいろ対策をしてきた。これからの予定も含めておおむね6800億円。柏崎原発だけでだ。
 なのに、苦慮している。
 無理だよ。もう頑張らなくていいよ。
 電力は、みんなの努力で、省エネ製品が増えたし
 だから、廃炉に向けて、具体的に積極的に進めてほしい

展示されていたこのパネル、文言は変えたほうがいいと思った。
原子炉は原子爆弾とは違う。
絶対爆発はしない。
IMG_1688.JPG


説明では、原発は、多重防護 
とめる ひやす とじこめる 
この3つができて、はじめて安全が確保される
ダイレクトに書き終えたら、モバイルのご機嫌がよくなったので、写真もいれますね。
posted by のんのん at 22:46| 原発・放射能

2017年05月21日

歴史は繰り返す?


今日は、
ひらめき千葉でジャーナリストのまさのあつこさんの講演
「あなたの隣の放射能汚染ごみ」
再生資材について「環境放射能除染学会」などが研究開発中
・分級処理…粒を小さくして表面積をふやし、セシウムを吸着しやすくする。その小さな粒は高濃度になるが。
・化学処理…溶液中にセシウムを吸着しやすい物質と混ぜて取り除く
・熱処理……セシウムが分離しやすい物質と混ぜて、熱して気化させ、それを冷却して取り除く
でも、分離された高濃度の副産物はどうするのか考えていない。


ひらめきそして、福島県の仮設焼却炉の解体とリサイクルの実態を和田央子さんから報告を受けて衝撃を受けた。
仮設焼却炉…仮設とは、原発事故の放射能汚染ごみのみ焼却。用がすめば解体するので仮設と呼んでいる。
この焼却炉を解体したあと、金属も溶かして再利用と、ある焼却炉の入札の書類に書かれていたという。びっくり。
今まで、道路に使う路盤材とか、コンクリートとかに再利用と思っていたが、金属もか。公共施設にどんどん使っていくという。
8000㏃は、厳重に管理する基準にと事故後、基準を設けたけれど、それがいつのまにか、再利用してもいい基準になりかわっていることが問題と会場からの声。
20170521_144809.jpg
20170521_145211.jpg


ところで、facebookでこんな記事が。
左は1925年3月8日の朝日新聞。右は1925年3月7日の朝日新聞。
2017.5.21.jpg


歴史は繰り返す?
誤字修正5.22

posted by のんのん at 21:53| 原発・放射能