2020年08月16日

がんばってます。新火葬場建設のための工事用道路整備 工事中 


暑い中、急ピッチで工事用道路を作っていました。
工事を終えた8/14 夕方に写真を撮りに。
DSC_0304.JPG


先月の大雨で崩れたところは、養生をし、あふれていた水たまりは
横に排水溝をつくってました。
DSC_0305.JPG


7/24、大雨の後、朝に撮影
DSC_0251.JPG

ねっ。心配してたけれど、がんばってます。

都市計画道路になるべきところに作ってます。
できあがっても、一般の方は通れません。
すぐ脇の林道をどうぞ。
都市計画道路のように頑丈に基礎工事をし、工事用道路にします。
立派な都市計画道路にするお金ができたら、
歩道もつくります。まずは、新火葬場ができるのが先です。

羽鳥野側は、家から歩いてのコース。8/15 夕方 
DSC_0309.JPG


これは、9月の工事予定。地域に配られる回覧です。
土砂の搬出は、一時中断し、秋に再開します。
土を金田に運ぶのに、コ〇〇〇がオープンしたり、
夏休みで道路の渋滞があるだろうからと。
posted by のんのん at 22:08| 地域のこと

2020年06月02日

進んでいます。火葬場建設のための工事用道路


ひゃー。なんか、スキーでいうなら、ボーゲンできそう。
羽鳥野団地からの工事用道路

3月12日撮影
DSC_2293 (1).JPG


6月2日撮影
DSC_2694.JPG


DSC_2695.JPG


DSC_2696.JPG


ねっ、ボーゲンできそうな斜面。雪は降らないから無理(笑)
posted by のんのん at 22:12| 地域のこと

2020年05月30日

日常と非日常 現状はどうか、


市政協力員にタブレットを貸与するという議案がある。
補正予算の中にあった。

市は、コロナなどの災害時に、情報伝達をするのに、便利と考えたようだ。
しかし、実際はどうか。
市政協力員は、この4月から、非常勤特別職ではなく、
有償ボランティアとなった。
その対価である報酬額は、同じである。
市内には、200人以上の市政協力員がいる。
他市では、このようなしくみをしているところは、だんだん減ってきて、
人ではなく、地域の自治会とかまちづくり協議会に
助成金のように出している。

その市政協力員は、ほとんどが自治会の会長などを兼任している。
これがややこしい。
市政協力員は、自治会にはいっている人だけでなく、
その地域に住んでいる人たちにである。
特別職非常勤職員としての位置づけならともかく、
有償ボランティアでも、その部分が担保できるのか、
疑問に思う。

さて、タブレットを貸与された市政協力員はどんな活動をするのか

市は、どんなことを想定しているのだろう。
災害が起きたとする。
市は、地域に情報伝達する方法として、タブレットをと考えたのかもしれない。
情報伝達のツールとして、地域で役立てることができるのか。

まずは、スマホやタブレットを持っているか。
操作をするというハードルは低いかどうか。
初めての場合、研修が必要かもしれない。

家庭にプリンタがあるか。
なければ、届いた資料は、印刷もできず、画面で読むだけ。

自治会となると、会員名簿などもあるだろう。
個人情報の管理も徹底してほしい。

夫に、自治会の様子を聴いてみた。
んー。スマホじゃなくて、携帯の人もいる。
携帯ももっていない人もいる。
パソコンではなく、手書きで原稿をつくる人もいる。
タブレットを使いこなさなくてはとなると、なりてがいるかどうか。
覚えたころに、1年で交代のところもあるし。

しかし、使いこなせる自治会もあるかもしれない。
羽鳥野自治会は、facebookもやってるし。

まずは、実態調査をしてからでは。
少なくとも、らづナビ、安全安心メールを活用しているか。

議会で、タブレット貸与されたときも、研修を何度もやってもらった。
昨日も、会派室で、タブレットに届くメールを
パソコンでも見ることができるようにセットしてあげたら、
喜んでもらえた。これで、印刷できるって。

今日の写真はこれ。
夫が近所の公園を草刈り。自主的に。
自治会が設定した日程では、ぼうぼうにのびて
子どもたちがあそびにくいからって。
夫は、草刈りが趣味なんです。
なんせ、お誕生日に草刈り機をむかし、買ってあげたら、
すごく喜んで、それ以来、あちこち、草を刈ってます。
夕方には、子どもたちのたのしげな声が公園からきこえ、
夫は、その声を聴いたり、様子をかいまみるのが
うれしい様子。
DSC_2674.JPG


posted by のんのん at 21:14| 地域のこと

2020年03月13日

2013年11月20日の調査のその後がやっと!!


やったー。
思わず、信号待ちで停車中に撮った。
DSC_2297.JPG

何年待ったことか。
この交差点は、曲がれない交差点で地元では早くから
→の付いた信号をと要望していた。
火葬場の工事が始まり、ダンプが1日100台通る期間もある。
大渋滞だよと昨日、話していたところだった。
でも、→信号が付いたのは、真舟⇔羽鳥野の信号のみ。
八幡台⇔大久保はどうなる。
これから付くのか、このままなら、また、要望活動だ。

2013年11月20日 調査した日のブログ再録
6:50集合で、きさらづネットの代表と。
私、赤い帽子。
筆記用具 ざぶとん ひざかけ いす 旗 ホカロン4つ。

足元には、「交通量、調べてます」と書いた段ボールを立てた。
ヒヤっとする場面、何度かあった。
途中、あったかいお茶の差し入れを持って、写真を撮りにきてくれたFさん。
ありがとう。
ピークを超え、やっと8:30撤収。

当時の調査結果はこれ。
2013.11.20 信号の交通量.png

青信号で通過、黄色で通過、赤で通過がよくわかるでしょ。

2013年11月27日のブログ再録
11/20に調べた交差点の交通量調査結果を
本日、議会終了後、警察署に届けた。

6:55〜8:25までの交通量。
単に、車の台数だけでなく、
信号の色別の交通量もわかるグラフにした。
だから、ある時間帯は、赤や黄色だらけ。危険が隣り合わせ。
警察署に届けても、信号機をなんとかするのは、県警の予算次第。
今回は、実態把握をして検討してもらいたいなと
調べた結果を参考にしてもらえたら届けた。

同様の調査結果を自治会にも届けた。
とにかく、事故が起きないようにと願うばかりである。
posted by のんのん at 21:46| 地域のこと

2020年03月02日

午後は事務所でスタッフと 盛り上がった話題はイノシシ


一か月に一度、スタッフと話し合う。
今回は、コロナの関係で予定した次の出前講座はなにしようとか、
ほっかほかランチタイムとおしゃべり会もしたいねといってたれど、
今回、企画を考えるのは、ちょっとお休みすることに。
次の発行する通信5月号には、何にするかの話で、
イノシシパトロールを始めたのは2/17からだったから、
このことは、スタッフと情報共有しておこうと
タブレットで写真や動画をみせながら、説明した。
そこで、イノシシ保護派とイノシシ駆除派に意見が分かれた。

いいねー。まるで、ディベートだ。
いろいろ意見がでて、では、今夜パトロールする?
今夜はちょっと。では、時間に余裕があるときね。
はい。
ということで、ひとりで、ドライブをした。
前半は何事もなく、後半は
おー。ぴったり時間になると、整列してた。
ぽっちゃり顔に、面長親子。
DSC_2226.JPG


DSC_2223.JPG


DSC_2233.JPG

posted by のんのん at 21:43| 地域のこと