2022年11月19日

過積載は取り締まってほしい


難題な地域の課題、電話で情報共有。
散歩がてら現地近くに向かってみた。
おー過積載。いつもよりてんこ盛り。
むむむ、道路交通法を守ってほしい。
守らせるのはだれだろう、警察かな。

道路交通法
第五十八条の五 第七十五条第一項に規定する使用者等以外の者は、次に掲げる行為をしてはならない。
 一 車両の運転者に対し、過積載をして車両を運転することを要求すること。
 二 車両の運転者に対し、当該車両への積載が過積載となるとの情を知りながら、第五十七条第一項の制限に係る重量を超える積載物を当該車両に積載をさせるため売り渡し、又は当該積載物を引き渡すこと。

2 警察署長は、前項の規定に違反する行為が行われた場合において、当該行為をした者が反復して同項の規定に違反する行為をするおそれがあると認めるときは、内閣府令で定めるところにより、当該行為をした者に対し、同項の規定に違反する行為をしてはならない旨を命ずることができる。


********************************

中掃除。そう、大掃除ではないので
勝手に名付けた。今日は天気もよく、
1階と2階ののぼりおり。半日やった。
クローゼットの棚はすっきりしたわ。

んー、まだ手つかずのところがある。

満杯のとりあえずなんでもボックス
ちょいと置きのコーナーの書類たち。
過積載になる前になんとかしたいな。

でも、本日はここまでにしましょう。
posted by のんのん at 20:26| 地域のこと

2022年11月12日

新しい風を感じた地域の集まり


住民の高齢化に伴う市政の対応と自治会の課題について
DSC_1764.JPG


波岡区長会の主催の勉強会があった。
1.現状の市政サービスと課題について 
  高齢者福祉課の話の予定だったが、電車の事故で到着が遅れ、
  のちほどにと進行

2.地域における福祉最前線から
➀ 地域包括支援センターとは その役割
➁ 市社会福祉協議会の仕事について  
B 民生委員とは その役割について

それぞれ担当者から話があった。
議会ではこれらをもとに、質問を組み立てるからおさらいのように
私はきいていたが、参加者にとってこういう機会は重要だし、
必要だと思った。
 ひとつ、え? そうなの?と思ったことがある。

重層的支援体制整備事業費 
これ、社協への委託事業だったとは。
令和4年度の予算をみると、4196万9千円 
予算の概要では、
複雑化・複合化した福祉課題に対応するため、
関係各課等で横断的な各種事業をする。


と示されていたので、ヤングケアラーの質問のときも
重層的支援体制と教育部の連携を質問していた。
でも、委託事業だったとは。
社協へ丸投げか-と思ってしまった。

3.現状と今後の課題 
これは、5つのグループで模造紙を囲んで話し合った。
DSC_1766.JPG


高齢者福祉課からどんな行政サービスがあるか一覧表が配られ、
説明があった。
私たちのグループでは、どんな行政サービスがあるかもわからないので、
課題もだしにくいと話していたので、一気に解決。ただ、
これを高齢者はどの程度認知しているのか。
高齢者に即した周知なのかとつっこんだ質問もあった。

4.まとめ 
市議会議員3人、あつこさんとさつきさんと私。
それぞれ感想を述べました。

私?
私は
「とても勉強になりました。ちょうど、11/14に提出する
12月議会の質問のタイトルが、なんと
「超高齢化社会の実態に即した行政サービス」なんです。
一人暮らしや高齢者のみの世帯がふえています。
親と同居していない家族が高齢の親のサポートをする上で
苦労した実体験をもとに、質問します。
住み続けたいまちをめざして、みなさんともにがんばりましょう。


木更津市 波岡区長会の新しい試み 
posted by のんのん at 20:59| 地域のこと

2022年11月05日

リベンジ 秋祭り 


DSC_1719.JPG

八幡台の中央公園で、やっと開催できた秋祭り。
今年の夏まつりも準備してポスターや案内状まで出してて
コロナ禍で断念。
リベンジの秋祭り。
密は避けて、消毒、検温。
会場はリストバンドをして人だけ。
ちょっと冷たい風が吹いてたけれど、
開催できて安堵感、
密は避けても、地域のつながり密度が高くなりました。
さっ、明日は、アクアラインマラソンです。
え? もちろん、走りません。応援です。
posted by のんのん at 21:22| 地域のこと

2022年07月30日

良かったー。


支援先決定!−第34回NHK厚生文化事業団 地域福祉を支援する「わかば基金」−
https://www.npwo.or.jp/info/23820#%E6%94%AF%E6%8F%B4%E9%87%91

国内のある一定の地域に福祉活動の拠点を設け、支援金でより活動を広げたいというグループを応援するものです。
今年は179グループからの申請があり、17グループに総額1040万円の支援金を贈ります。

なんと、
NPO法人ライフサポート波岡 (千葉県木更津市)も支援してもらえることになりました。
おめでとう。
【主な活動内容】住民による住民のためのコミュニティバスを運行している
【わかば基金の使途】老朽化したバスを買い換え、コミュニティバスの運行を継続していく

木更津市議会だより 2022.5.1発行でも、ご紹介した団体です。
2022.7.30.jpg


2022.7.30-1.jpg


3月に取材したとき、
●車両の維持費が一番の課題
 3 年前に車検を払うお金がなく1 台処分した。
それでも現在、2台のバスの車検、保険料など、
車両維持費が重くのしかかる。
老朽化も目立つが更新は難しい。
中古車でも良いので寄附してくれるところがあると
うれしいと話していた。

良かったー。
今日、NPOの方に偶然お会いして、
市議会だよりにも紹介してもらえたし
NHKからも支援してもらえることになった。
とてもうれしそうだった。

posted by のんのん at 22:25| 地域のこと

2022年05月15日

市議会だよりの効果

運転手希望の連絡があった。
会員になりたいという連絡があった。
市議会だよりの効果だという。
うれしい限りだ。今度議会広報委員会で報告しよう。

2022.5.15.png


2022.5.15-1.png


この話があったのは、NPOライフサポート波岡の総会でだ。
昨年、一昨年と書面総会だった。
リアルにみなさんと会え、なつかしかった。
*************************
NPOを設立して17年間、
ずっと高齢者の暮らしを支えてきた生活バス。
存続の危機で解散を検討したものの、会員からの
熱い継続の願いで、考え、地域の自治会や社協にも
状況を説明して、助成金をいただくことができた。
また、会員のみなさんにもご尽力いただき、
財政上、なんとか乗り切る見通しができ、
令和4年度は継続して、
して、生活バスを運行することができますと
活動報告をされていました。

ほんとに、大変だったと思います。
会員の要望に対し、丁寧に、現状がマックスの対応であること。

75人いた会員は、少ないときには、40人台まで減り、
現在持ち直して52人だ。
ガソリンの高騰などなければ
75人が安定した経営の目安だ。会員をみんなでクチコミしてふやそう
と提案者側は答えていました。

総会後に、田中はNPOライフサポートに関連する議会の近況報告を
をしたんですね。そうしたら、
市議会だよりの効果で、運転手希望の連絡があった。
会員になりたいという連絡があった。
また、地域の前自治会長さんも来賓に参列されていて、
市議会だよりをもってきておられた。
「これが届いたときは、びっくりしたよ。おー、載ってるってね」
と、うれしい報告があったのです。
posted by のんのん at 17:31| 地域のこと