2019年09月22日

今日は、初めて災害ボランティアセンターに行ってきました


今朝、起きたら、体調は、おっ、充電完了って感じ。
実は、今日はピアノの発表会のアナウンスをする予定だったが、
数日前に、中止の連絡がきた。
9/19午前に君津市民文化ホールの電力が復旧したけれど、
周辺地域では、いまだ停電・断水が続いており、当館の敷地内で陸上自衛隊が活動を続けていることから、引き続き9/27(金)までは全ての施設の貸出を見合わせることになったというわけ。

そこで、木更津市の災害ボランティアセンターに行った。
すると、なつかしい方にお会いした。
その方もピアノの発表会が中止になったから、ボランティアにきたとのこと。
受付を済ませて、順番をまつことに。
・雨で濡れた家具を2階から降ろしたいので、男性2人お願いします
・枝や木々の回収をしてほしいので、軽トラ運転できる人と同行できる人
など、
力仕事のできる男性と、軽トラの運転ができる人とかは、マッチングされ、
出発するものの、該当する案件もなく、しばらく待つ。
ようやく、手をあげたのは、清見台公民館で物資の配布。

3人チームとなったものの、そんなに人はいるのかなと思いつつ、
何事も経験と思い、参加。
公民館では、ブルーシートとどのう袋の配布だった。
ポツンポツンと、市民が取りに来る。
3人のうち、おひとりは、神奈川県から車できた方、
東日本大震災や西日本豪雨も、ボランティアに行かれた方。
3人は多すぎるので、センターに連絡しセンターで次の依頼の待機をすることに。
災害ボランティア、初心者二人となった私たち、
隣の集会室からは、サークル活動の音楽が。
午前は、邦楽、午後はかずさウインドオーケストラの演奏を聴きながらの、
ブルーシート配布。ちょっと癒されながらのボランティアでした。

気が付いたこと。
ブルーシートをもらいに来た方に、災害で困ったことがあったら、ボランティアにきてもらえるんですよ。
ご存知でしたか?
と聞くと、「知らなかった」と答える。
そこで、木更津広報号外9/22号に、印をつけて手渡す。
ボランティアセンターでは、ボランティアが集まってくる。
需要と供給のバランスをみると、需要が少ない。
それは、周知不足により、ニーズの掘り起こしがまだ不十分なのでは?と思った。
どうしたらいいか。

もう一度、広報きさらづ号外をみた。
DSC_0688.JPG

裏面トップに、「災害ボランティアセンターを開設しています」とある。
このタイトルを読んでも、あー。そうなので終わってしまう。

ここの中には、2つ、大事なことがある。
この2つ、それぞれ、別のタイトルで、市民目線で書き換えてほしいなー。

たとえば、
➀ ボランティアにきてほしい方、ぜひ、相談を
災害のことでの困りごとをボランティアに手伝ってほしいことがあったら、相談はこちらまで。
ボランティアを派遣します。

A ボランティアをしていただける方、募集中
直接、福祉会館に来られるか、お電話ください。

ってね。
体験したからこそ気づきますね。


posted by のんのん at 21:52| 震災・復興

2019年09月18日

八幡台でポツンとここだけ停電、数軒にもやっと電気がきた。停電10日目


決算審査2日目。議会に行く前に、事務所の雨戸を開けに立ち寄る。
八幡台にまだ、停電が続く家が数軒あることが昨日、わかった。
東電からはまだつかないという連絡が被災者宅に電話があった。

留守電がチカチカして。メッセージを聴く。なにか相談のようだが、
わからない。折り返し電話するも出ず。断念。
MEMOを書いて、事務所当番にあとは託すことに。

今朝は、一番に、木更津市のHPで、今、必要だと思われる情報を印刷して、
メッセージを添えて、ポストに届けてから議会に行こうと思っていた。

あー。時間がない。あわてて、事務所を出ようとすると、
隣人Mさん。
彼は、携帯電話の充電受付の際にも、事務所で留守番してくれていた。
瓦屋根のシートもかけていた。できることを探している方だ。
なんと、自主的に、地図に3丁目の屋根の被害状況をチェックしてきたという。

「すごい。その貴重な情報を公民館に届けて」
「よし、わかった。他にすることはあるか」
「あっ、この印刷物、停電の家に届けてくれるかな。●●さんにきいて、
どこまでが停電か聞いて、届けてほしい」
「どれ、地図でいうと、どこだ」屋根瓦のチェックした地図をひろげる。
「ここ」
「よっしゃ、まかせとけ」
「ありがとう。一日中議会だから、よろしく」
「あー、いってらっしゃい」

たのもしい。リレーのよう。
議会に集中できる。

お昼の休憩時間に、事務所に電話した。朝の留守電の方と連絡がとれたとのこと。
この方も停電だった。今日で10日目だ。

16:45 決算審査特別委員会2日目が終わる。
事務所に戻る。
また留守電がチカチカしてる。メッセージを聴いた。
「今日の16時ころ、電気が来ました。ありがとうございました」とのこと。
よかったー。
隣人のMさんに伝える。
「おー。よかったなー。今朝は、情報の印刷物を届けたら、喜んでたよ」
ほっとしたMさんの笑顔。

事務所当番だったTさんに伝える。「まー。よかったー」
大喜び。

停電で困ってると電話があったり、お会いした方宅に、そっと、
よかったですね。メッセージをそっとポストに入れてきた。
明かりがついてて、家自体が喜んでいる様子だった。
あえて、ピンポンしなかった。
だって、今日で10日目だ。

やっと、電気がついた暮らしをゆったりと味わってほしかったから。
最後に、公民館に立ち寄った。もう、職員は帰宅していて、管理人さんだけだった。
「電気がついた」ことをメモ書きしておいてきた。
公民館に、地域の情報は集約しておくほうが、いいからね。

だれだれさんに聞けば、わかるというのではなく、
どこへ行けばわかるというしくみにしておくと、
情報は共有しやすいと考える。

八幡台3丁目だけで、76件も屋根瓦が損壊。Mさん調べ9/18

木更津市の被災状況 9/18 記録の意味で掲載しておこう

1.png

2.png

posted by のんのん at 20:36| 震災・復興

2019年09月16日

日に日に変わる市民が必要なこと 明日から議会では決算審査 バタバタ


今日の問い合わせは、
「近所の人が、台風で壊れた物置を分解したがどうしたらいいか」

さっそく都市整備部でこの休日に設けた
「被災した住宅に関する相談」に行くよう、伝えてもらった。
道路のあちこちに台風で飛んだトタンやごみばこ、
駐車場の屋根など散乱していたのを地域住民が道路のあちこちにおいて、
いつのまにか、集積所のようになっている。

こういうのって、災害がれきだと思う。
どこか、仮置き場を早急に設けないと、市内のあちこちに
自然発生的な仮置き場ができてしまう。
不法投棄されても困るし。
南にできた台風16号は、影響はなさげな予報だけれど。

今日は、決算審査のしらべもの。
1つの質問に対する資料をつくるのに、1-2時間は分析している。
頭がフリーズすると、気分転換。
データ入力を得意とするサポーターに、メールで依頼。
いくつかは、この方法で、入力されたものから、グラフをつくったり分析している。
最初から最後まで作ってもらったら、それでは、私の身にならない。
自分でわからないところはどこなのか、なぜ、こうなのか。
どこが改善されているのかを自分で見つけなくては。
どんなグラフを作って、分析したのか。
ここにアップするのはやめておこう。
せっかく自分で調べたのだから、まずは、明日の決算審査で。

夏の間中、具合がわるくて、水しか飲まないときもあって、
ぐったりしていたらんまる。
最近、涼しくてだと思うけれど、電気が通ってから急に元気に。
息子のかばんから見つけたテニスボール。気に入った様子です。
息子は、持ち帰らず、どうやら、らんまるにあげたようです。
DSC_0664.JPG

追伸 昨日のブログの続き 加筆されましたよ。朝の段階で(守衛室から係が案内します)
9/17からは平日だから、木更津市のhpは書き換えるかな。

posted by のんのん at 20:54| 震災・復興

2019年09月15日

被災した住宅に関する相談 わかりやすく変更された


決算審査の調べもの予定を変更し、地域を回る。

その1
今朝の広報無線、HPをチェックして、事務所に掲示する情報をあたらしいものにとり替えた。
DSC_0642.JPG


DSC_0643.JPG


その2
空き家の被害が気になる。今度大風が吹いたら、近隣の家は二次被害になる。
自治会や防災の方に、どうしたらいいかヒアリング。
八幡台5丁目では、地域の方やチームで屋根の補修をしていた。
空き家どころではない。
田中がチラシをつくって、被災した空き家の近隣の家に届けたいことを伝えると
どうぞどうぞということで、役割分担ができた。

その3
急いで、チラシをつくって、印刷した。
DSC_0645.JPG


その4
公民館にいくと、ちょうど、老人会がおわったところ、帰る方にチラシを配る。
公民館にも、田中が何の情報を伝えることにしたのか、チラシを届けがてら、情報共有。
公民館にも少し手渡し、スタッフにも少し分けた。
しばし、昼食タイム
よし、防災服に着替える。

その5
新火葬場説明会が八幡台公民館であった。入口で出会った方に手渡す。

その6
車で、丁目ごとに回る。台風の直後、瓦など、道路に散在していたところを思い出しながら。
八幡台7丁目。ちょうど、立ち話をしている方がおられた。
空き家情報を聞きとり、見回る。
ブルーシートがあちこちに。
なんと、ドローンを飛ばして、屋根の破損状況を確認していた。
これはいいアイデアだ。
やはり、災害時、ドローンを扱う方は大活躍しそう。それが行政とつながっているといいなと思った。

その7
あちこち見回り、何軒か写真を撮って、朝日庁舎に行く。守衛室の入り口。
休日だが罹災証明を受け付けている。
DSC_0659.JPG


その8
空き家情報を伝える。
職員はMEMOを取る。
現地を職員が確認して、家主を調べて連絡するそうだ。

その9
情報がわかりにくかったことを担当職員に伝えた。
タブレットで、木更津市のHPを開けて、ここ。
DSC_0658.JPG

たしかに、わかりにくかった。別件の問い合わせもあり、すぐに
わかりやすいように変更しますとのこと。
お願いします。

その10
スタッフに、調べ終わり木更津市にも報告を終えたことを報告。
公民館に、報告にいくと、偶然、自治会長にも会え、やり終えたことを報告。

その11
木更津市のHP
変更前
空き家の相談業務および被災によるお住まいにお困りの方の相談
時間 午前8時30分〜午後5時15分
場所 朝日庁舎 守衛室


変更後
被災した住宅に関する相談
内容
1.住宅が損壊した方の居住に関する事
2.住宅の修理に関する事
3.周囲の空き家に関する事
時間 午前8時30分〜午後5時15分
場所 木更津市役所 朝日庁舎 部長控室

え? 部長控室? だそうです。
休日に、ここに行くには、まず、朝日庁舎の守衛室に行って、そこから案内してもらうことになります。
この一文、書き加えてもらおうかな。
わからないよね。部長控室だなんていわれても。
でも、文面は、わかりやすくなったよね。

夜、長男が3時間だけ立ち寄った。必要なものを取りに来た。
大好きな餃子を100個作った。しばし、母になった。
posted by のんのん at 21:58| 震災・復興

情報の確認、不安を軽減する情報発信


東電の停電情報によると、木更津市の完全復旧は、9/27頃という。
東電のホームページをみた。まだ,6200軒が停電
2019.png


大久保団地も八幡台も9/12の夜には電気がきた。
木更津市は、電気が来てるところを地域に聞き取りし、現状を東電に伝えて、地域にあった災害対応をすべきでは。
もしも、八幡台に電気は来てるのに、一部まだなところがあるのなら、逆に木更津市は地域に支援が必要なところはどこかを伝えてほしい。
東電発表だけで、災害対応をしないでほしい。(していないとは思いますが、この東電データが変更にならないので、苦言)

昨日
ある防災組織では、一軒一軒目視で、災害状況を把握したと教えてもらった。これならの情報を公民館ルートでもいいから、木更津市として、できるところから集約し、逆に全体に共有できるように発信したらとおもう。そうすれば、みな、自分の地域を調べ、報告し、市民と行政で災害把握ができる。

今、必要な情報はなんだろう。
とりいそぎ、この4つかな。
事務所の掲示板を取り換えてこようっと。
下記の内容、公民館にもでかでか掲示し、相談するきっかけになればと思う。

悪質な修理業者に対する注意喚起について
近隣市において、台風被害に伴う、修理業者による悪質犯罪の相談が寄せられています。
手口は、「屋根等の修理を高額で契約させようとする」というような内容です。
もし、不審な業者が訪れた際は、警察に相談してください。
木更津警察署
電話:0438(22)0110


「り災証明書」・「り災届出証明書」の受付について
住宅などが被災した人が、保険会社への請求などで必要となる「り災証明書」の交付申請の臨時受け付けを、駅前庁舎 中央公民館受付ロビー(スパークルシティ木更津6階)および朝日庁舎 守衛室にて受け付けます。
9月14日(土曜)〜16日(月曜・祝日)でも市役所が臨時で業務。
り災証明書の受け付け(発行は不可)
時間 午前8時30分〜午後5時15分
場所 駅前庁舎 中央公民館ロビー
     (スパークルシティ木更津6階)
   朝日庁舎 守衛室

空き家の相談業務および被災によるお住まいにお困りの方の相談
時間 午前8時30分〜午後5時15分
場所 朝日庁舎 守衛室


下記は、14-16日には、行っていません。平日のみ
市税等の減免・猶予
災害により著しい被害を受けた人は、市税等の減免を受けられる場合があります(※納期限を経過した場合や納付済みの場合は、対象外となりますので予めご了承ください)。
なお、徴収の猶予も受けられる場合もあります。詳しくは各担当課までご相談ください。
お問い合わせ先
個人市民税・県民税の減免について:市民税課
電話 0438-23-8571
固定資産税・都市計画税の減免について:資産税課
電話 0438-23-8672
徴収の猶予について:収税対策室
電話 0438-23-8571


posted by のんのん at 08:58| 震災・復興