2021年08月19日

なんだか、木更津はスルー?


昨夕、県議には、千葉県から報告があった。
いつもなら、木更津に届く情報は千葉県にも届く。

でも、今回は、少なくとも、木更津市議会には届いていない。
木更津市だって届いたら、すぐに市議会にも情報を提供してくれる。
してくれる。今回の情報が木更津市まできてて、そこで
とまっているということは現実的ではない。

ということは、防衛省が木更津をスルー?
陸上自衛隊オスプレイの今後についても、基地政策特別委員会には
説明がない。
市長や議長、委員長などの役職には説明した。
地域住民や漁協の協議会にも説明した。
でも、議会の基地政策特別委員会には、説明がない。
なんだろう。このスルー。
なめられているような気がするのは私だけ?

スルーが二つも続くと…。

7月13日に、陸上自衛隊オスプレイの館山航空基地への飛行が8月に予定されている旨のお知らせをしたところですが、昨日(17日)、防衛省から連絡があり、8月26日(木)に1回目の飛行を予定しているとのことです。
(なお、天候等の理由により予定が変更となる可能性があります)

 ※防衛省は、1回目の飛行に関しては情報提供をするとしています。



posted by のんのん at 21:06| オスプレイ

2021年08月11日

防衛省から今頃、情報提供


米海兵隊オスプレイの定期機体整備、
これからの10年の企業が決まって公表されてから
ずいぶん時間がたったように思う。
6月25日の木更津市のHPに、入札結果が掲載されている。
そして、末尾には
「防衛省としては、米海兵隊オスプレイと陸上自衛隊オスプレイを共通で整備できる基盤を確立していくという方針のもと、引き続き我が国企業に対して陸上自衛隊木更津駐屯地の格納庫を貸付けることとしています。具体的な内容等については、地元自治体に丁寧な説明を行いつつ、米国政府等との調整を進めていきたいと考えております。」

ほほー。1か月半以上たっての防衛省の情報提供に対して、
市長コメントが掲載されている。
https://www.city.kisarazu.lg.jp/shisei/1003952/1003953/1008948/1009092.html

防衛省のいう地元自治体とは、だれか。
この入札の件は、議会には、防衛省は説明にきていない。

また、陸上自衛隊オスプレイの今後の運用についての説明も
市長・副市長・議長・副議長・基地政策特別委員会の正副委員長にのみ。
住民への説明は、基地周辺の自治会代表と漁協の代表で構成する協議会で説明があった。
この協議会では、このことに対して質疑もできなかったという。
そもそも、議会に説明がない。
防衛省のいう地元自治体とは、だれか。
あまりにも、ばかにされてやいないか。
議会にも説明をと要求しているものの、
防衛省の返事待ちときいている。
緊急事態宣言だから、延期させているなんて、理由なら笑っちゃう。
そんなことなら、有事に出動できないでしょ。

コロナのせいで、議会質問をとりやめて、
H議会では、一般質問が1人だったこともあるという。
おかしい。大変なときだからこそ、しっかり議論し
スピーディにより良い施策をすすめなくては。

そうそう、陸上自衛隊のオスプレイ
ちょこんと無線が備え付けられているんだって。2種類。
陸上自衛隊木更津駐屯地のfacebook2021.7.10に
掲載されていたオスプレイをみてみた。これかな。
https://www.facebook.com/1st.helicopterbrigade/photos/pcb.1607329026139863/1607328146139951

posted by のんのん at 21:44| オスプレイ

2021年07月13日

陸上自衛隊V−22オスプレイの今後の運用についてを一読、ムムム


さらっと読んだら、今までのこととさほどかわりはないように思う。

しかし、じっくり読んだらムムム。

ただいま、調べ終わりました。3時間(途中20分仮眠)で完了
特に、目についたのが、
段階的に木更津駐屯地以外の飛行場等に飛行
航空機搭載用機関銃による射撃訓練等


PDFはこちら 一度にみることができます。
最後に、まとめを添えました。

陸自オスプレイ 今後の運用 2020年と2021年の比較.pdf

1.png


2.png


3.png


4.png


5.png


6.png


7.png


8.png


9.png


10.png


11.png


12.png


13.png


14.png


15.png


posted by のんのん at 21:47| オスプレイ

2021年07月10日

オスプレイ算定配備 カウントダウン あと4年0ヶ月


陸上自衛隊のオスプレイが木更津にきて、ちょうど1年たった。
木更津市は、暫定配備の期間を5年とした。

コロナ禍で、大きな集会はしなかった。
駅前にそれぞれが思いのプラカードをもってきた。
密を避けて、広がった。
斜めに写真を撮ったから、わかりにくいけれどね。
DSC_0127.JPG


めちゃくちゃ暑くて、昨日までの長雨がうそのような空。
じりじりと日焼けする。

スタッフがつくったお手製
DSC_0125.JPG

ぴんと張ってればよかったね。
オスプレイの文字が…。
くれぐれも、「カウントダ ウソ」とは読まないように。
カウントダウンです。

3分スピーチ。原稿は、スマホに。
始まる前、陽射しで、スマホが熱くなってきたので、
急遽、冷やしたタオルハンカチで冷やした。焦ったー。。

1625916966048.jpg


きさらづ

市民ネットワークの
市議会議員 田中紀子です。

陸上自衛隊オスプレイの暫定配備は、
あと4年だけ。どう我慢しても4年です。

今、木更津駐屯地には、何機のオスプレイが
あるでしょうか。

9機です。
来週には10機となります。

陸上自衛隊は、現在7機暫定配備されています。

米海兵隊オスプレイ、4機目は

整備の最終段階、5機目が整備中、

7/12の月曜日には6機目がきます。

米海兵隊と陸上自衛隊では、
空の飛び方が違います。

陸上自衛隊は、日本の法律を守らなければなりません。
米海兵隊は、日本の法律を守らなくても自由に飛ぶことができます。
日米地位協定があるからです。
この不平等なルールは、全国知事会でも、
国に対して、改善を求めています。

陸上自衛隊のオスプレイは、
アメリカから船で運ばれ、岩国基地から、空を飛んできます。
オスプレイを作った企業のパイロットが操縦。
万が一の時の行政や警察の初動体制が
日米地位協定により、違います。
議会で質問してやっとわかりました。
明確にはお答えできないと。

米軍人が日本の車に乗って交通事故を起こした場合、
日本の法律で裁かれません。これと同様なのかもしれません。

さて、オスプレイの2つのエンジンが
止まったらどうなるのか、
シュミレーションがあります。

高度約610メートル、時速約220キロ、
オスプレイは、2つのエンジンの出力停止、
毎秒25メートルで降下開始。
着地点に向けて
毎秒20メートルで降下。

高度305メートル、
高度152メートル 
減速して降下。

時速130キロメートルで、
二、三回バウンドして
着地。

空から
突然16トンのオスプレイが
時速130kmで降ってくる。
これは危険です。

佐賀では、県がつくった佐賀空港を
自衛隊の基地と併用にし、オスプレイを配備する計画です。
しかし、
佐賀県が自前の空港をつくる際に、
漁協と結んだ公害防止協定には、
自衛隊と共用しないと約束。
その約束をないがしろにし、
佐賀県と国はすすめようとしています。

だから、佐賀では、反対の声が大きいのです。
木更津でも高らかに、声をあげていきましょう。
木更津にも、佐賀にも日本の空にオスプレイはいらない。
以上
posted by のんのん at 21:48| オスプレイ

2021年07月07日

米海兵隊のオスプレイ、6機目の定期機体整備 明日飛来予定


また、来る。今日届いたメール内容

木更津駐屯地における6機目の整備機体となるMV-22オスプレイが7月8日(木)に木更津駐屯地に飛来予定。なお、本計画は天候等により変更の可能性があります。

だんだん、こんがらかってきますよね。
ちょっと整理しましょうか。

というわけで、1時間かけて作成。
2021.7.7 まとめ.png

PDFはこちら
2021.7.7 まとめ.pdf
posted by のんのん at 23:08| オスプレイ