2020年05月08日

昨日は、基地政策特別委員会協議会で大荒れ「なんなんだー。この協議会」


全く、なんなんだーというプランがでてきた。
木更津駐屯地に関する協議会(仮称)の概要(案)。

というのも、
3/23の基地政策特別委員会(採決のない会議は協議会と呼ぶ)のでの説明では、
2020.5.8.png

新しくできる「木更津駐屯地に関する協議会」の中に、部会があるイメージ図。

でも、昨日、5/7の説明は、これ。防衛省の意向でこんなに変わってしまったという感じ。
2020.5.8-1.png

協議会のメンバーと部会は、別。
どうしてこうなったのか。おかしいというのが、
委員会メンバーが複数質問や意見が飛び交う。

・近隣の住民のためのものか。

・近隣の住民、漁協は、協議会メンバーではないのか。

・それも、部会と称して、全然部会メンバーがはいっていない協議会はおかしい。

・基地政策特別委員長と議長がメンバーということは、全市民の懸念事項をその協議会へもっていくと考えてよいのか。

・原則、公開だろう。

・会議の開催は、事前に知らせるのか。傍聴はできるのか。
 右矢印1審議会ではないが、審議会同様、知らせるとのこと。

・会議録はあるのか。議事要旨をつくる。

・要綱はまだできていない。というが、できたものを委員会にみせずに、協議会が発足するのか。
できたら、再度、委員会で説明はあるのか。

4/17の2機目の定期整備を終え、その報告が遅すぎたこと。その経緯やその後も、委員会で報告すべき。
だが、今回はなかった。

陸自オスプレイは、今、那覇にいる。防衛上、非公開で岩国に来る。
木更津にオスプレイが来る前に、協議会と部会の合同会議を一回開きたいと言っていた。

この委員会協議会は、大荒れで、最後に、
協議会の中に、部会の代表が入れるなど、再度、防衛省に言うこと。
防衛省のための協議会をつくるのではない。
市民のためだ。


ということで、閉会した。
たから、今日の朝日新聞だけを読むと、何ももめずにすでに決まったような記事。
https://www.asahi.com/articles/ASN5774CCN57UDCB005.html

昨年12月に出した要望書には、協議体制を要望していた。
しかし、それとは、かけ離れたものであり、
納得できたものではないということを、ここでお伝えいたします。
posted by のんのん at 21:31| オスプレイ

2020年04月20日

日常と非日常 今頃、防衛省から報告が木更津市へ、ちょっと遅くない?


先週金曜日に、木更津市に届き、議員にも知らされた情報。
HPには、ひっそりアップされている。

今頃、防衛省から報告が木更津市へ、ちょっと遅くない?
2機目のオスプレイ定期整備完了報告
日曜日に、オスプレイは、そっと、木更津市から帰投した。
日曜日は、ルール違反だ。
それなのに、覚書通り、遵守したとまとめていること自体、
なんなんだー。

木更津市のトップページで
「オスプレイ 定期整備」 で検索
2020.4.20.png


2020.4.20-1.png



https://www.city.kisarazu.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/006/649/1.pdf
posted by のんのん at 10:30| オスプレイ

2020年03月30日

おそい情報! 米海兵隊オスプレイ、2機目の整備機体は、黙って、帰ってった


https://www.city.kisarazu.lg.jp/shisei/1003952/1003953/1006212/1006566.html
この記事、よーく、みてください。

やっと、HPにアップされました。
米海兵隊オスプレイは、29日の夕方、
あの、みぞれまじりの雨が上がった日曜日の午後に帰投したとあります。

今まで、時間がはっきりわかっていたのに。
今まで、日曜日に飛ぶなんて、ことなかったのに。
今まで、飛ぶ前、飛んだあと、時間をはっきり
地元木更津市に伝えてくれたのに。

今日の夕方、木更津市に電話をした。
市民からオスプレイが日曜日の夕方に飛んでいたのを
目撃したという問い合わせがあった。
木更津市のホームページには、まだ掲載しないのか。
防衛省に問い合わせ中だったら、
目撃情報があったため、ただいま、確認中とでもとにかく、知らせるべきではないか。
昨日は、日曜日だったとしても、月曜の夕方まで、何も
伝えないのは…。

市としては、防衛省に確認して正確な情報をだしたかったのだろう。

となると、防衛省は、なぜ、木更津市に知らせない。
年度末でか。
それとも、陸上自衛隊が暫定配備になったから、
そんなに、神経とがらせなくてもいいじゃないかと思っているのか。

どっちにしろ、全く!
もっと、正確な情報が防衛省から届いたら、
また、HPにアップしてほしいものだ。
こんなことすら、ちんたらちんたら、やっているようじゃ、
陸上自衛隊の暫定配備の協議体制だって、
機能しないのではないかと危惧する。

3,31誤字修正


posted by のんのん at 19:13| オスプレイ

2020年03月23日

協同訓練?! これって、まちがいじゃない?って聞いたら


協同訓練?! これは、共同訓練のまちがいではないかと
議会事務局にこっそり聞いた。
すると、これがただしいんですって。
自衛隊と自衛隊が一緒に訓練するのは、協同訓練。
自衛隊と米軍と一緒に訓練するのは、共同訓練。

わー、覚えにくいなと思いますか?
田中は、とってもストレートになるほどと思いました。
自衛隊は、自衛隊どうしで訓練するときは、協力しあうわけで、
米軍とは、協力しあわず、ともに訓練するだけなんだーって。
なんて、日本語はすっきりなんだろう。

3月26日から、いよいよだ。
今回の部隊改編に伴い、木更津駐屯地の定員は約1,050人(平
成30年度末)から約1,390人(令和元年度末)となる予定。
最初の機体(2機)の我が国への輸送は、現時点で本年6〜7月頃を見込んでいる。

CH47の飛行隊は、高遊原分屯地に配置という。
posted by のんのん at 21:25| オスプレイ

2020年03月05日

市民の代弁者、市民ネットワークの田中のりこです。今回の質問は3つ。…明日の質問に備え、最終チェック


明日3/6 11時から田中の質問です。
傍聴者は、さすがに少ないと思うのですが、
資料を印刷しました。
議員も職員もタブレットなので、印刷しなくてもいいので
すこしは楽。
資料は、何枚もあるけれど、ちょこっと紹介。
オスプレイ暫定配備までに明確にすることを今回、質問する。
防衛省は、航空法に基づいた飛行をするという。
ほんとに基づくのか。確認する。

まず、これ。
暫定配備のオスプレイは、アメリカからどうやって日本にくるのか。
2020.3.5.png

空から、海から、陸から来るのだろうか。

製造された航空機が自衛隊に納入される前は、自衛隊機とはみなされない。この際の許
可の判断基準

国土交通省の見解はこれ。
2020.3.5-1.png


ちょっと待てよ。これは、国産航空機と書いてある。
外国産航空機だと、この法律には、当てはまらない。
外国産航空機だと、日本の航空法に基づなくても、飛行ができる。
陸上自衛隊のオスプレイは、どっちか。
後者だろう。そこから明日の質問では確認だ。

そして、外国産航空機だとすれば、いつの時点で、防衛省は、国土交通省に
低空飛行の申請をするのか。

暫定配備までに、安全に関するわからないことは、明らかにしなければと考える。
聞きたいことは、山ほどほどあるけど、チョイス。
やっぱり時間が足りなさそう。
さて、質問が時間内に終わるんだろうか。
今から最終チェック。
posted by のんのん at 20:41| オスプレイ