2019年11月24日

今日は、水道の出前講座に参加 新たな気づきあり


水道の民営化になるのではと、懸念されて、
熱心に勉強されている市民団体の方が
かずさ水道広域連合企業団の方を講師に
「出前講座」を企画した。
DSC_1410.JPG

私は、民営化にはならないだろうと思っている
ひとりですが、市民が懸念することは、
どんなことだろうと学ばせてもらおうと
参加しました。

参加してよかったですよ。
簡単に民営化にはならない。
民営化するには、こんなハードルがありますと
学んだ。
そうか。それは議会としても、重要だと
いうことを認識しとかなくちゃ。

もうひとつ、参加者からの意見があった。
千葉県は、今年、水道ビジョンを公表した。という。
ムム。そうだったのか。
さっそく、ググってみた。

2019年度から2028年度までの10年間の方向性だ。

そもそも、千葉県の基本的な考え方が納得できないという。

基本的な考え方
本県は、水源に恵まれず、水源の大部分を利根川水系に依存しており、同じ利根川水系の水を使用する水道事業体の経営基盤に大きな地域格差がある。このため、広域自治体である県が水源確保と用水供給事業を担い、基礎自治体である市町村が末端給水事業を担うことを基本に取り組むものとする。

納得できない理由。
➀ 君津4市は、利根川水系に依存していない。小櫃川水系である。
➁ 千葉県が揚水供給事業を担って、市町村は、末端給水事業をやれって、おかしくないか。

なるほど。
水道を千葉県からもみてみることを気づかせてもらった。
広域になる説明は議会でも、何度もあったけれど、 
この出前講座、議員も知っておくべきかなと思った。
4市、それぞれの水道の歴史も教えてもらえたし。

posted by のんのん at 22:07| 水道

2019年06月18日

がんばれ、かずさ水道広域連合企業団


はーい。田中です。お薬、効きすぎ。元気にほぼいつものように過ごせました。
道路で、水道の漏れの工事。水道は4市と千葉県で広域で担うことになり、企業団となったばかり。
企業団になってから、水道の漏れの工事をしているのをみかけたのは、今日で3回目。
今までは建設経済常任委員会で、水道のことも、気にかけて過ごしていた。
ちょっと、広域になって寂しいなーと思っていたので、
片側通行の信号待ちもほのぼのして待っていた。

あれ? 工事中の看板の表記。
木更津市水道部工務課って、書いてあった。
工事は、まだ、水道部かな。いやいや、もう4月から違うし。
信号待ちだったので、写メを撮ることができなかった。
というわけで、元水道部の建物は、今は、かずさ水道広域連合企業団だ。
ここは、聴くが一番。早速訪ねた。
行きなれた建物だが、所せましと職員が多く、そりゃ4市と千葉県での広域だから、多いのは当然ですね。
窓口の方に聞いた。
すると、新組織を立ち上げるのに、せいいっぱいだったんでしょうね。
会社でいえば、5つの会社が合併みたいなものだもの。
そんな細かなことを気づかなかったようで、以前のままの看板を使ってたようです。
ちょっと貼り紙をするか、シールを貼って、
名称変更するだけでいいので、すぐに対応してくれることになりました。
がんばれ、かずさ水道広域連合企業団。

水道の民営化が言われている中、民営化路線を歩まず、
4市と千葉県でしっかり運営して、私たちの飲み水を安全に安定して供給してくださいね。
ちょっと古い記事ですが、こんなに丁寧に調べているデータは他にないので、参考にします。
週刊ダイヤモンド 2017.7.24の記事
全国「水道危険度」ランキング・ワースト1219!あなたの街は大丈夫?
https://diamond.jp/articles/-/136027
これによると、
ワースト最下位、つまり、一番危険度が少ないのは、昭島市。
ほとんど井戸水であり、また、市の面積もとても狭いから、管理しやすい。
ごもっともって感じ。
1219団体中4市は、どんな状況か。
木更津市は、ワースト597位…4市では一番危険度が少ないということになる。
袖ヶ浦市は、ワースト522位
君津市は、ワースト526位
富津市は、ワースト429位
がんばれ、かずさ水道広域連合企業団。
posted by のんのん at 21:29| 水道